スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「Splatoon(スプラトゥーン)」色塗り日記05☆  

みなさんこんにちは♪



さっきブログを見たら、いつの間にか50000ヒット達成していました!


いつも見ていただいている方、そして偶然にもこのブログを見ていただいた方、本当にありがとうございます。


あまり有益な情報は書かれていないかもしれませんが、『Les Aventuriers』そしてSapphireをよろしくおねがいいたします☆


さて、毎日2時間近く「Splatoon」をプレイしているわたしですが、ゲーム開始後1週間ほどでランク20まで行くことができました。


本作はランク20でカンストなので、とりあえずの達成感があります。

Splatoon_05_01.jpg
▲先日わたしがプレイし始めてから初のマップ追加がありました。完全に2つに別れたブロックをどう攻略するかが鍵のマップです。




そして本格的にガチマッチデビューもしまして、現在のウデマエは「B」です。


「B-」まではすんなりいけたのですが、ここからが長かった・・・2度のランクダウンを経験したり、98までいったもののその後6連敗・・・6度目の挑戦でやっとBランクになりました・・・なんとか「A-」くらいまでは行きたいと思うのですが、難しいかな・・・。

Splatoon_05_02.jpg
▲なんとかウデマエ「B」に到達・・・これは勝てる!ってゲームでいきなり通信エラーになったり、6連敗したりと本当に大変でした・・・。


武器はいろいろ試したのですが、結局「シャープシューター」にすることに・・・チャージャーやローラー系も試したのですが、わたしのプレイスタイルには向かないみたいwww


あとですね、どうしてもダイナモローラーの「びしゃ〜」ってやつとか、リッター3Kとかに勝てません・・・il||li(つд-。)il||li


どうしたらいいのか誰か教えてくださいwww


最後にガチマッチの動画を載せておきます、このプレイを見た兄に男っぽいプレイすんな〜って言われました、うーん確かに最近ちょっとプレイが荒くなってるかもしれません・・・。







それでは今日はこのへんで、また不定期でSplatoonのプレイ日記も更新します(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: Splatoon【完結】

tb: 0   cm: 6

「THE WITCHER 3 WILD HUNT」攻略日記38☆  

みなさんこんにちは♪



先日正式に発表された「ドラゴンクエストXI」、なんだかんだ言っても気になるタイトルではあるのですが、何でPS4と3DS?って感じでした・・・うーん、なんというかPS4で開発しているものを3DSでもっていう中途半端感がどうしても拭えません・・・。


もちろん3DSは国内で一番売れているハードだからっていう事情は分かります・・・なら何でPS4で? 3DSでも作っちゃうっていう時点で、PS4にする意味合いがわからないし、ならPS3でも出しちゃえばいいんじゃないですかね?

目先の売り上げだけに捕らわれて、本質を見失わないといいんですけどね〜、まあ続報を待ちましょう。


さて、本日はウィッチャー3メインクエスト「行方不明者たち」、「名無し」、「嵐の前の静けさ(シリ編」を紹介します☆


前回エミリオンから聞いた情報からゲラルトとイェネファーはロフォーテンのヒンダーヒルズという村へと向かいます。


村ではワイルドハントに襲われ亡くなった人を女司祭たちが弔っている最中でした。


少しためらいつつもシリのことを聞くイェネファーに、一人の女性が「臆病者」が助けた女性かもしれないと言います。

WITCHER3_38_01.jpg
▲神聖な儀式の最中にこんなエロいかっこうをしたおねえさんが尋ねて来たら誰でも不審に思いますよね・・・。


ゲラルトは臆病者と話す必要があると言いますが、女司祭たちが言うには彼はモークヴァーグ退治に「聖なる園」へ向かったらしいのです。

「聖なる園」はヒンダーヒルズからほど近い、この島の神聖な場所らしいのですが、そこにモークヴァーグという犯罪者が女神の庭園を荒らしに来たそうです。

怒った女司祭長ウルヴがモークヴァーグに殺される間際に彼に呪いをかけ、人狼にしてしまったそうです。


モークヴァーグは呪いによって庭園から外に出られないのですが、村人たちもそこに入ることができない・・・そこでシリを助けたと思われる「臆病者」と村人たちから罵倒されている男がモークヴァーグ退治に向かったそうです・・・。(とりあえずここでメインクエスト「行方不明者たち」は終了です)


早速聖なる園ヒンダースファルに向かうと、鉄格子の扉の奥に人狼がいました。どうやらあれがモークヴァーグのようです。

WITCHER3_38_02.jpg
▲食べ物が欲しいと言っているモークヴァーグ、すぐに追いかけたいところですが鉄格子は閉ざされていて、先に進むことができません。


正面入り口である鉄格子は閉ざされていて、脇の階段から上に上がっていくと、庭の中央付近に大きな木があり、そこで「臆病者」が習わしにしたがって自分の血を捧げたようです。


血痕を追うと、臆病者がモークヴァーグに追われたような足跡があり、それを追跡していくと水門を開閉する装置が見つかります。


庭園の中央部へと進むには水門を動かし奥へ進む必要があります。

WITCHER3_38_03.jpg
▲この仕掛けはバイオハザードっぽいですねw 水門は3つありますが、中央の水門が開く様に仕掛けを動かしましょう。


庭園の中央部には井戸があり、中に飛び込むことができます。

思い切って飛び込むと地下洞窟に繋がっていて、洞窟の奥には「臆病者」らしい死体が横たわっていました。

WITCHER3_38_04.jpg
▲残念ながら「臆病者」はモークヴァーグから受けた傷で洞窟に逃げたところで力つきてしまったようです。


「臆病者」が倒れていたところのちょうど真上にイェネファーがいるのですが、彼女はモークヴァーグの遺体を運んできて欲しいと言います。


それにしてもこの時点では他に出口がなかったのですが(あとで来ると、扉とその鍵を持っているウルヴの死体が見つかるのです)、どうやって腐りかけた遺体を持って井戸を出たのか気になるところですw


臆病者の遺体を持っていくとイェネファーは降霊術(黒魔術)を使い、臆病者自身からシリのことを聞き出そうとします。


ゲラルトは反対するのですが、今回のイェネファーは強固な姿勢を崩しません・・・降霊術で臆病者の魂を呼び出し、シリのことを聞き始めるのでした・・・(メインクエスト「名無し」は一旦終了、ここから「嵐の前の静けさ」になります)。

WITCHER3_38_05.jpg
▲確かにイェネファーのこの衣装はネクロマンサーって感じがしないでもないですね。



ここから臆病者の回想になります・・・


臆病者(本名はスヒャール)が海岸でカニを採っていると、突然海の上に魔法の門が現れシリと仮面の魔術師が落ちてきました。


仮面の魔術師はシリをスヒャールに預け、自らは船の手配に向かったようです。


ほぼ丸一日眠りについていたシリが目を覚ますと、そこにはスヒャールとその家族たちがいました。


仮面の魔術師と「ドラウナーの岩場」で合流するために、スヒャールが馬の準備をしている間にスヒャールの妹からサウナに誘われます。

WITCHER3_38_06.jpg
▲「臆病者」の名前はスヒャール、助け出したシリに好意を持ったようです。


サウナにはスヒャールの母親もいるのですが、妹さんからはスヒャールがシリに好意を抱いていると聞かされます・・・。


シリ体力はこの時点で半分になってしまっているので、サウナの外にある泉に入ったり、奥にはるフラヤの火酒を飲むと全回復します。


WITCHER3_38_07.jpg
▲サービスターーーイム!www なぜかスヒャールのお母さんの胸だけブルンブルン揺れますw


スヒャールが馬を準備している馬小屋へ行くと、ワイルドハントたちが村を襲撃してきます。

スヒャールと協力し、敵を倒したら彼と一緒に馬で逃げ出します。

途中ワイルドハントの猟犬が襲ってきますが無視しちゃいましょう。


スヒャールは途中でシリを馬から降ろして、ワイルドハントの囮になりますが、やっぱりシリのことが気になるのか、海岸へと向かうところでワイルドハントに追いつかれ、背中から切りつけられてしまいます。

WITCHER3_38_08.jpg
▲馬小屋での選択肢次第ではスヒャールにキスのお礼をしてあげることもできます。シリのせいで「臆病者」のレッテル貼られ、誰もいない井戸の底で死んでしまったので、それくらいのお礼はしてあげないと・・・。

WITCHER3_38_09.jpg
▲彼はワイルドハントが村を襲撃した際に、一人逃げ出したとして「臆病者」のレッテルを貼られましたが、彼は体を張って愛する人を守ったんですね。


スヒャールは命を取り留め、気がつくとそこには不気味な生物の姿が・・・


それは以前伯爵の屋敷で見たウーマの姿でした・・・。


イェネファーはなんとかウーマの居場所を聞き出そうとしますが、それ以上スヒャール(死体)から情報を聞き出すことができませんでした・・・。


WITCHER3_38_10.jpg
▲すっかり忘れていたウーマの存在! まさかこんな重要な子だなんて思ってもいませんでしたw



降霊術が終わるとフラヤの園にあった木は枯れてしまいました・・・そこへ女司祭が登場し・・・またしても恨みを買ってしまったイェネファー・・・ゲラルトの忠告を受け入れず先走るからですよ・・・。

WITCHER3_38_11.jpg
▲イェネファーによる降霊術の感想・・・ゴキブリを口に入れられたり、汚物の中を泳いだりした経験があるのかな?w


さて、このクエストを進めていると一緒に発生するのがモーグヴァーグ関連のサブクエスト「狼の皮をかぶって」・・・これに関しては次回のサイドクエスト祭りで紹介したいと思います☆


それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: THE WITCHER 3 WILD HUNT【完結】

tb: 0   cm: 2

「THE WALKING DEAD」クリア後レビュー☆  

みなさんこんにちは♪



今日は久しぶりにレビュー記事の紹介です☆

日記にはしなかったのですが、今年の初めにPS Plus加入者のみの特典でPS Vita版の「THE WALKING DEAD」が2000円くらいで販売されていたので、興味があったので購入し、通勤時にちょこちょこプレイしていました。


5月の頭くらいにクリアしたのですが、レビューするのを忘れてしまい、ここまで引っ張ってしまいましたw


TWD_01.jpg


「THE WALKING DEAD」は2010年からアメリカで放映されたTVドラマを舞台としたアドベンチャーゲームです。

原作であるドラマとは舞台背景こそ同じものの、ゲーム版オリジナルのストーリーで展開され、もともとはPS3、PC(海外ではXBOX360版も)で発売されたものですが、昨年DLCである「スペシャルエピソード:400DAYS」を収録したものが昨年秋に発売されました。


本作は多少のアクション要素があるものの、基本的にはストーリーを追っていく形式のスタイルです。

面白いのはゲーム中で様々な選択をする必要があるのですが、その選択によって若干のストーリーの変化や、自分に対する他キャラクターの評価が変化しセリフなどが変わってくるという点です。

また、本作は5つのエピソードに分かれていて、一つのエピソードが終わるごとに次回の予告やクレジットが入り、まるで海外ドラマを見ているような構成になっています。

また1つのエピソードが終わるごとに、全世界のプレイヤーが選択した比率を確認できる点も面白いところです。

TWD_02.jpg
▲プレイヤーは様々な場所で選択を迫られます、プレイヤーの選択によって他キャラクターからの評価が変わってきたり、言動が変化したりします。

TWD_03.jpg
▲本作ではちょっとしたアクション要素もあります、Vita版ではタッチスクリーンに触れることで敵を攻撃したりすることができます。

TWD_04.jpg
▲一つのエピソードが終わるごとに他プレイヤーがどのような選択をしたかの比率が見られるのは面白いですね。



本作の舞台は「ウォーカー」と呼ばれるゾンビによって荒廃してしまったアメリカのアトランタ郊外で、主人公は大学教授のリー。

彼が奥さんを殺害した罪でパトカーで護送されるシーンからゲームは始まります。


パトカーが事故を起こし、森に投げ出されたリーはウォーカー化した住民から逃げ、住宅地でクレメンタインという少女に出会います。

彼女はベビーシッターと一緒に自宅にいたのですが、ベビーシッターはウォーカー化しており、彼女は一人ツリーハウスに逃げ延び無事だったようです。

クレメンタインを放っておけないリーは、その場にいた人たちと協力し、ウォーカーから逃げ出すのです・・・。


リーとクレメンタインを中心とした人間模様が本作の大きな見どころ。


そのストーリーの結末は涙無しでは語れない内容になっています・・・。

TWD_06.jpg
▲小さな少女クレメンタインの成長と、妻殺しの重い十字架を背負ったリーの心境の変化が本作の最大の見どころです。


下世話な言い方をしてしまうと、The Last of USに似たストーリーだと言えますが、発売はこちらが最初なんですよね・・・。単純にストーリー好き嫌いだけで言ってしまえば、わたしは本作の方が良かったと断言します。


ただ、海外ドラマや映画にありがちな主要なキャラクターがどんどん死んで行くのが苦手な人にはちょっとおすすめできないかなw



いくつか気になる点を上げると、まずはグラフィック・・・独特な実写とアメコミの中間のような表現は好き嫌いが分かれるところかもしれません。


ゲームとしてのボリュームもやや物足りなさを感じたのも事実です。


Vita版には追加コンテンツの400DAYSが収録されているものの、それでもボリュームに関しては物足りなさを感じてしまいます。


また、Vita版の特徴であるアクションをタッチパネルで行う点ですが、わたしのVitaの問題なのか、反応がかなり悪く感じました。

アクションシーンでは制限時間が設定されているので、反応の悪さで制限時間を超えてしまい、GAME OVERになったこともかなりありました。

TWD_05.jpg
▲実写とアメコミの中間のようなグラフィックは評価が分かれる点かもしれません。

TWD_07.jpg
▲追加コンテンツの400 DAYSは5人の本編とは関係ないキャラクター達によるショートストーリーが収録されています。


TWD_08.jpg
▲本作はクリアするだけでプラチナトロフィーを獲得することができるので、トロフィーマニアの方にはおすすめです。


海外ではクレメンタインのその後が描かれているSeason 2も発売されているのですが、日本では未発売なのが残念です・・・。



以下「THE WALKING DEAD」のインプレッションです。

良かった点
・ストーリーがとても良い、人間関係の複雑さが生み出すドラマは非常に魅力的。
・選択肢によって他キャラクターからの評価、言動が変化する点が面白い。
・海外ドラマを見ているような演出も良い。

悪かった点
・タッチスクリーンの反応がイマイチ(これはわたしのVitaの問題なのかな?)。
・実写とアメコミの中間のようなグラフィックは好みが分かれる。
・ボリューム不足


「THE WALKING DEAD」
プラットフォーム:PS3 / PS Vita
価格:5,980円+税(PS3)/ 4,980円+税(PS Vita)/ 3,980円+税(PS Vita DL版)
メーカー:SQUARE ENIX
評価:★★★☆(5点満点 ★は1点 ☆は0.5点

category: レビュー

tb: 0   cm: 0

「THE WITCHER 3 WILD HUNT」攻略日記37☆  

みなさんこんにちは♪



明日からの出張なのですが、台風12号の影響でイベント会場が使えない可能性が出てきました・・・。


とりあえず今日の夜に中止かどうかが決まるみたい・・・どうせなら中止になって欲しいな(笑)。

そうしたらスプラトゥーンのフェスに参加できるのにw


今日はウィッチャー3メインクエスト「過去の残響」を紹介します☆


クラフから許可された大変動が起きた場所へ向かったゲラルトですが、そこでイェネファーはドルイドのエミリオンと揉めている真最中・・・。


どうやらウロボロスの仮面を盗み出したことがバレてしまったようですw

WITCHER3_37_01.jpg
▲ブラン王の葬儀の仕切りをしていたのがエミリオンだったんですね。それにしても今にもイェネファーに殴り掛かりそうな勢いです。


イェネファーはウロボロスの仮面は使ったら必ず返却すると言っていますが、エミリオンが言うには仮面は一度使ってしまうと、魔力を失ってしまい二度と使えなくなってしまうそうです。


また、神話ではウロボロスの仮面を使用すると天変地異が起こりスケリッジ諸島全域が海に飲み込まれてしまうと言います。


WITCHER3_37_02.jpg
▲イェネファーだけでなくゲラルトも神話に関しては眉唾ものだと思っているみたいです。


すると突然雷が天を裂きます・・・どうやらイェネファーがエミリオンとゲラルトが話をしている隙にウロボロスの仮面を使ってしまったようです。


怒り心頭のエミリオンとイェネファーを追うと、彼女はフォグレットと戦闘をしているので、ゲラルトも助太刀します。


イェネファーはゲラルトにウロボロスの仮面を渡します。


ウロボロスの仮面は協力な魔術の痕跡を残した場所で使うと、過去を見ることができるそうで、ここでは3カ所そのような場所があるようです。


仮面を着けると、シリと仮面の魔術師と思われる人物がワイルドハントの追手から逃げるシーンを見ることができました。

WITCHER3_37_03.jpg
▲翁の面のようなウロボロスの仮面、過去を見ることができる仮面らしいのですが、かなり特定の条件下でしか活用できないようです・・・。

WITCHER3_37_04.jpg
▲シリと仮面の魔術師と思われる人物は魔法のゲートを通ってこの場から逃げ出したようです・・・。


イェネファーは魔法の門の痕跡がヴェレンに続いていると言います・・・ヴェレンからノヴィグラド、スケリッジとやって来たのに、またヴェレンに戻らなくてはならないようです・・・。


そうこうしている内にエミリオンが2人に追いつきます。


かなりご立腹のようですが、彼もまた元シリの先生らしいので彼女の心配はしているんですよね。


過去の映像でシリを追った敵が倒されるのを見たので、倒木の下にある死体を調べてみると、やはりワイルドハントの戦士のものでした。

WITCHER3_37_05.jpg
▲イェネファーがテレキネシスの魔法で倒木をどかすと、そこには仮面の魔術師に倒されたワイルドハントの戦士の鎧が・・・体は魔法で蒸発してしまったようです。


シリを追っているのがワイルドハントだと分かると、エミリオンは大変動の2週間以上後に幽鬼どもがロフォーテンを襲撃したという話を2人に話します。

村民のほとんどは殺されてしまったようですが、女性や老人の何人かは生き残っているそうなので、次はロフォーテンへと向かうことになります・・・。

WITCHER3_37_06.jpg
▲シリがワイルドハントに追われている事実を知ったエルミオンはゲラルトたちにロフォーテンで起きたワイルドハントによる襲撃事件を話します。


これでメインクエスト「過去の残響」はクリアとなります☆



それでは今日のサイドクエストです。

・手がかりを追って
ノヴィグラド南門付近の衛兵と話します。町外れに出た怪物を倒すというクエストなのですが、ゲラルトの他にも怪物を追ってる人物がいると言います。怪物に殺されたという物乞いの死体を調べます、すると怪物の足跡が見つかるので、追跡します。足跡を追っていると、ネズミの死体が見つかり怪物がエキムマーラだということが分かります。足跡は倉庫のような場所に続いていて2階から戦闘音が聞こえるので、進むと狼流派の仲間ランバートがエキムマーラと戦っているので、加勢しましょう。

WITCHER3_37_07.jpg
▲ゲラルトと同じ狼流派のウィッチャーランバート。ゲラルトより若いウィッチャーですが、なぜかタメ口w

エキムマーラ退治の報酬はランバート山分けすることになり、二人で依頼者の監督官元へと向かいます。すると突然ランバートが『ジャド・カラディンはどこだ?」と監督官を問いただします、すると監督官が怒り衛兵と戦闘に・・・監督官を追いかけたランバートは部屋で彼を尋問していました。

WITCHER3_37_08.jpg
▲ジャド・カラディンの居場所は聞けなかったものの、ヴィエンヌという人物の情報を聞き出すことができました。

ヴィエンヌという人物の情報を聞き出したランバートは、監督官を殺してしまいます。なぜここまで?と思うゲラルトですが、ランバートはセブン・キャッツ・インで全てを話すとだけ言い後に合流することに・・・セブン・キャッツ・インの前でランバートに話を聞くと、ランバートは友人のエイデンを暗殺集団に殺されてしまったそうです。その暗殺集団を率いているのがジャド・カラディンという人物だったそうです。

セブン・キャッツ・インにいるエルフのヴィエンヌから話を聞くとカラディンの居場所は分からなかったものの、暗殺集団の他のメンバーの場所を聞き出すことができました。ランバートはゲラルトにスケリッジにいるハモンドを探して来て欲しいと言われるので、フェローにいるハモンドに会いに向かいます。

フェローの衛兵と話をしてハモンドが礼拝堂にいることを聞き出します、ここでの対応で村にいるハモンドの仲間と戦闘になる可能性がありますが、どのみち後で戦闘になるので先に倒してしまっても構いません。

礼拝堂にいるハモンドを倒し、彼が持っている「優雅な便箋に書かれた手紙」を入手したらノヴィグラドのノーウェア・インでランバートと合流、その後2人でカラディンの家に向かいます。カラディンと会うと彼もウィッチャーだということが分かります。しかし、カラディンは家庭を持ち、今は商人として冨を得、慈善事業にも力を入れていました。

そして、エイデンの死に関して彼の言い分を聞くことに・・・実はエイデンは公爵の娘の呪いを解く仕事を引き受けたらしいのですが、報酬を受け取っていながら、失敗して娘が死ぬと逃げだしたそうです・・・カラディンは金を取り返し、エイデンから剣を奪おうとしたら、彼が遅いかかってきた、慌てた狙撃手(ヴィエンヌ)がエイデンの目を誤って打ち抜いてしまったということです・・・。

この話を信じるかどうかはすごく難しいところですね・・・元のカラディンの仲間たちの話を総合するに・・・彼の素性はあまりよろしくないように思えます。この後カラディンをどうするかの決断をゲラルトは迫られます。わたしはカラディンを見逃す選択をしました・・・なかなか判断が難しいクエストですね・・・。

WITCHER3_37_09.jpg
▲彼の言い分を信じるかどうかはプレイヤー次第です、わたしは無益な殺生はしたくないので、助ける方を選びました。

WITCHER3_37_10.jpg
▲ランバートには終始タメ口で話されていますが、最後に先輩らしい毅然とした態度を見せますw



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: THE WITCHER 3 WILD HUNT【完結】

tb: 0   cm: 5

「THE WITCHER 3 WILD HUNT」攻略日記36☆  

みなさんこんにちは♪



今週末出張なのですが、台風12号の影響が気になります・・・飛行機が飛ぶのかどうかもそうなのですが、揺れるのが恐い!


新幹線にしてもらえないかな?w


本日のウィッチャー3はメインクエスト「王制よ永遠なれ」を紹介します☆


旧知の仲であるアード・スケリッグ族長のクラフにブラン王のお通夜にお呼ばれしたゲラルトさんですが、イェネファーからはきちんと礼服に着替えて来てねと釘を刺されます。


イェネファーから彼女の部屋の鍵を渡されるので、箱に入っているレイグクに着替えましょう。


何種類か服が入っているのですが、組み合わせ次第で会った時のイェネファーのセリフが変わるみたい。


礼服に着替えたらケィア・トロールド城に向かうのですが、入り口がとてもわかりづらいです!


マーカーの差す地点に向かうと行き止まりになるのですが、ここにあるスイッチを動かしてゴンドラに乗りましょう。


イェネファーは城の入り口にいるので、会話して城の中へと向かうのですがここでイェネファー好みのかっこうをしていないとセンスをけなされるはめにw

WITCHER3_36_01.jpg
▲間違った服を着るとけなされるとかw それにしてもイェネファーに対するゲラルトさんのセリフが歯が浮くようなものばかりでなんかおかしいですw


城へ入るとゲラルトとイェネファーはクラフの娘(セリス)のいる席に通されます。

この席にはクラフの娘を含め、スケリッジ諸島各部族の長の息子が座っていて、もちろん彼らは次のスケリッジの王に立候補するつもりなのですが、なんクラフの娘セリスも立候補を考えているようです・・・。


スケリッジの王になるためには手柄が必要らしいのですが、以前彼ら族長の子供たちが山で競争をしたらしいのですが、その際セリスはそのレースに参加しなかったそうです・・・それを指摘されたセリスはなぜかゲラルトとレースをすることになります・・・(何でこんな展開に!?)。

WITCHER3_36_02.jpg
▲クラフの娘セリス。族長の娘は息子と同等らしいので、彼女もスケリッジの王に立候補するつもりらしいのです。


競争と言ってもチュートリアルでシリとやったような感じのことをするのですが、大人げなく勝ってしまいました。

ここは勝ちを譲るところだったのかな?


さて、再び通夜の席に戻るとイェネファーからここでは話せないことを話したい・・・と城の奥へと連れて行かれるゲラルトさん。


何か期待しちゃってるゲラルトさんですが、族長のドナール・アン・ヒンダーとマッドマン・ルゴスが揉め始め、しまいにイェネファーさんのことまで侮辱しちゃうからさあ〜大変。

起こったゲラルトさんはマッドマン・ルゴスとケンカすることに!?

WITCHER3_36_03.jpg
▲にらみ合うゲラルトとルゴス、フェイスオフみたいでかっこいい!



漢は殴り合いが終わればノーサイド、なぜかルゴスに気に入られたゲラルト。この後サイドクエストでルゴスとは再び会うことになりそうです。


城の奥へ行くとイェネファーはドルイドのエルミオンの研究室に忍び込もう提案します、明らかに不法侵入なのでためらわれましたが、イェネファーの頼みなら断れませんw


途中巡回中の衛兵から隠れたりしながら研究室前に着きますが、研究室の前にはエルミオンのファミリア(使い魔)のカラスがいるので、窓の外を迂回して研究室に侵入します。

WITCHER3_36_04.jpg
▲イェネファーはエルミオンの研究室で「ウロボロスの仮面」というアイテムを失敬するつもりのようです。


エルミオンの研究室はかなりの数の熊、狼、鹿の剥製が飾られているのですが、ゲラルトがドアを開けようとすると周囲がガスに包まれたようになり、一斉に剥製が襲いかかってきます。


この剥製たち赤いドクロマークが出ていますが、かなり弱いので安心してください、全ての剥製を倒すと実はキノコの出す胞子か何かの影響で幻覚を見ていて、一人で動かない剥製と立ち回っていたそうです・・・(ちなみにわたしここで剣を抜けず殴り合いで戦ってました・・・剥製と殴り合いで戦うゲラルトを見たイェネファーはおかしかったでしょうね・・・)。

WITCHER3_36_05.jpg
▲これもエルミオンのトラップの一つなのか? 幻覚を見たゲラルトは剥製たちと戦うハメに・・・。


扉の奥はエルミオンの私室となっているのですが、ウロボロスの仮面は見当たりません。

ウィッチャーの感覚を使うと壁に隠し扉があるので、近くにある像の手に部屋にあったある物を乗せると隠し扉が開きます。

隠し扉の奥は自然の洞窟に繋がっていて、イェネファーの目的であるウロボロスの仮面が見つかります。

ウロボロスの仮面を手に入れ帰ろうとすると、エミリオンがガーディアンとして召還したであろう土のエレメンタルの姿が!

WITCHER3_36_07.jpg
▲土のエレメンタルはイャーデンの別モードを使うと、剣を振るうことなくあっさり倒すことができます。


しかしトラップはこれで終わりませんでした、周囲から毒ガスが吹き出しピンチに陥る二人。


周囲を調べても何も見つからず、ゲラルトはイェネファーに瞬間移動を頼みます。


ここでイェネファーは「早く何か考えて!」と言ってくるのですが、ここでの選択肢が「ここで窒息死だな・・・」と「イェネファーキスがしたい」でした・・・何これ?と思いつつ、時間制限のある選択肢だったのでキスを選択www

無事イェネファーの部屋へと瞬間移動することができました・・・そしてここからは恒例の大人ターイム!!

WITCHER3_36_08.jpg
▲冒頭にも語られたユニコーンの像、こんな大きなものだったなんて!? それにしてもゲラルトさんはなぜかマッパ! シュール過ぎますね〜w


再びケィア・トロールド城へと向かう2人、ちょうどこれから次期スケリッジ王の立候補者が次々とクラフの前に立ち誓いを立てるように各々の武器を置いて行きます。

そこへ最後に現れたのはクラフの娘のセリス・・・しかしその表情を見る限りクラフは彼女の参加を快く思っていないようでした。

WITCHER3_36_09.jpg
▲各簿族長の息子の他、ブラン王の息子(たぶん)やセリスも次期王に立候補しました。


儀式が終わるとゲラルトのところにきたクラフは大切な話があると、彼らを城のバルコニー(?)へと連れ出します。

クラフはシリの為なら何でも協力すると言ってくれたので、イェネファーはこれ幸いとばかりにエルミオンによって立ち入り禁止になっている大変動が起きた場所への立ち入り許可を求め、クラフも快諾してくれます。


もう一つクラフには懸念があり、それは自分の子供たちのことだと言います。


息子であるヤルマールは王になるため巨人退治に向かったまま行方不明になってしまい、その消息を探って欲しいと・・・そして娘のセリスは女王になりたがっているが、考えをあらためさせたいと言います。


とりあえずこの2つはサイドクエストになるようなので、またいずれ紹介しようと思います。

WITCHER3_36_10.jpg
▲クラフもまた子供たちに関しての問題を抱えていて、ゲラルトに何とかして欲しいと相談してきます。



最後に恒例の今日のサイドクエストを紹介します☆

・黒真珠
ノヴィグラドのゴールデン・スタージョンの前にいるニダスから受注するクエスト。奥さん(恋人?)に黒真珠をプレゼントするという約束だったらしいのですが、戦争で脚をケガしてしまい、その約束を達成できていないので、ゲラルトに黒真珠を取るのを手伝って欲しいというもの・・・ニダスとはスケリッジのエリンビョルン付近にある崩れた橋で合流。その後ニダスに着いていき、真珠の養殖場まで行ったら海に潜り黒真珠の入っている貝を見つけましょう(たくさんある貝のうちの一つしかありません)。黒真珠を見つけ海岸に戻ろうとすると、ニダスがドラウナーに襲われています。彼を助けて黒真珠を渡すと、彼はお金を忘れたと言ってきます・・・お金は後日ノヴィグラドで受け取ることに・・・ノヴィグラドに戻りお金を回収すればクエストクリアです。このクエストの結末もちょっと悲しいんですよね〜

WITCHER3_36_11.jpg
▲わたしは難易度ブラッド&ハードコアでやってるのですが、ニダスがドラウナーにやられてしまい何度もクエスト失敗になりました。とにかく上陸したら、アードの印でドラウナーを吹き飛ばしてしまいましょう。


・魚人(ウィッチャーへの依頼)
ケィア・トロールドにいるビョルグからの依頼。最近住人がドラウナーらしき怪物に殺されているので退治して欲しいというもの。まずはドラウナーの犠牲になった遺族に話を聞き、襲われた現場へと向かいます。ウィッチャーの感覚を使い、海底洞窟の先にあるドラウナーの巣を探し出します。ドラウナーの巣を調査すると、今回の事件の元凶がウォーター・ハグということが分かるので、ウォーター・ハグを誘い出すためのフェロモンを調合し、ウォーター・ハグが巣に戻ってくるのを待ちます。あとはウォーター・ハグ討伐の証を取り、ビョルグから報酬を受け取ればクリアとなります。

WITCHER3_36_12.jpg
▲戦闘する場所は狭く、ウォーター・ハグの他に複数のドラウナーも襲ってくるので注意。討伐の証を忘れずにゲットしておきましょう。



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ


category: THE WITCHER 3 WILD HUNT【完結】

tb: 0   cm: 0

Profile

Counter

Ranking

New Posts

Category

Comments

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。