スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ニーアオートマタ」プレイ日記02☆  

みなさんこんにちは♪



昨年発売されたファミコンミニに続き、今年の年末にはスーファミミニが発売されるという噂がありますね。

ファミコンはわたしは世代ではないのですが、スーファミはギリギリプレイした世代なので、もし発売されるなら購入を考えてみようかと思ってます。

たぶんバンドルされるソフトはわたしがプレイしたことのないゲームがほとんどなので、ちょっと楽しみです。


そして個人的なニュースですが、わたし来週末から10連休を取ることに成功しました!

もう少し早めに決まってたら海外でも行ってこようかな〜と思いましたが、さすがに今からは無理なのでまずは来週関西旅行に行ってきたいと思ってます。


そういえば去年はタイに行ってたんだよな〜、もう1年か早いな・・・またタイに行きたい!



今日は「ニーアオートマタ」プレイ日記の2回目です。


前回ブラックボックスの暴走による自爆で消滅してしまった2Bと9Sですが、場面は変わりバンカーと呼ばれる地球の衛星軌道上にある人類の基地からスタートします。

そこで2Bは9Sと再会、どうやら9Sは自爆する直前に2Bのバックアップデータを基地に送っていたそうで、新しい義体となった彼女は記憶を保ちつつ復活できたそうです。


バンカーで眠りについた2Bは9Sの声で目を覚まします。


ここで各種設定をすることになるのですが、なんとOPTION画面が文字化けして全く読むことができない・・・。

NA_02_01.jpg
▲最初は仕様だと思っていたOPTIONの文字化け・・・最新パッチを当てるとこうなってしまうようです・・・。

NA_02_03.jpg
▲初めて見る2Bの素顔。普段は黒いマスクというか、目隠しみたいなのをしてるのですが、あれはなんなんでしょうね? 後々教えてもらえるようになるのかな〜?


プロローグのプレイ中に操作に違和感があって、キーコンフィグでカスタマイズしようとしたら文字化けしてたのは知っていたのですが、プロローグはこういう仕様なのかな?と思って無視してたんですよね・・・。


ネットで調べてもよくわからなかったので、一度アプリケーションを落としてディスクを抜いて再起動をかけたら文字化けは治っていました。


もしわたしと同じ症状が出た人がいたら、試してみてください。


ということで、ついでにキーコンフィグで操作方法を設定・・・。


洋ゲーに慣れてるわたしは射撃がトリガーじゃないのがまず違和感があったので、ポッドによる射撃をR2とL2にそれぞれ割り当て、R1を回避、L1をロックオンにしました。

また一番使うであろう小攻撃のボタンがコントローラーの内側(□ボタン)に割り当てられているので、◯ボタンに変更しました。

NA_02_02.jpg
▲わたしが設定し直したキー配置。プロローグでデフォルトのキー配置に慣れてしまいましたが、後々他のゲームをやった時に違和感がないようなキー配置に変更しました。最初から変えられるようにしてくれればいいのにね。



メンテナンスが終了した2Bは司令官により新たに地上のレジスタンスと合流し、情報を収集するというミッションに任命されます。


飛行ユニットでバンカーを後にした2Bと9Sは敵を撃破しつつ再び地上に降り立ちます。


そこは「廃墟都市」と呼ばれる崩壊したビルが立ち並んでいる地域、ただし長年人類が立ち入っていないためか、ビルは緑に覆われ、ヘラジカやイノシシのような動物もちらほら見かけます。


さて、このゲームプロローぐは全くセーブできない仕様なのですが、バンカーからセーブが可能になっています。

今時のゲームはほとんどがオートセーブ機能が搭載されていますが、このゲームでは開発者の意地悪(前作で何でオートセーブをつけなかったのか?という質問が相次いだため、今作でも入れないことにしたのだとか?)で、セーブは決まった場所でしかすることができません。


セーブはアクセスポイントと呼ばれる装置の周辺でのみ可能で、アクセスポイントから発せられる電波の受信範囲内であればいつでもセーブすることができます。


アクセスポイントは地上では通常自動販売機のような姿にカモフラージュされているので、見つけたら周囲の敵を倒して使用できるようにしておきましょう(ストーリーを進めると各地アクセスポイントにファストトラベルもできます)。

NA_02_04.jpg
▲機械生命体に支配された地球は、皮肉なことに自然に溢れていました。

NA_02_05.jpg
▲レジスタンスの基地以外では自動販売機にカモフラージュされているアクセスポイント。見つけたら必ず解除しておきましょう。



レジスタンスの基地(レジスタンスキャンプ)は崩壊したビルの間に設置されていました。

レジスタンスキャンプでは武器やアイテムの買い物などができます。

実はこの時点で「白の契約」という小型剣しか装備していません、もし大型剣が欲しい人は武器屋で購入するか、プロローグで行った廃工場(地上に降り立ったビルのすぐ近く)に自分の義体が倒れているので、それを回収するとお金、アイテムの他プロローグで装備していた「白の約定」という大型剣を入手することができます。


2Bはアネモネというアンドロイドのレジスタンスリーダーから砂漠の調査をしてきて欲しいと言われるので早速マーカーを頼りに砂漠へと向かいます。


砂漠はなかなか広く、途中ジャッカスというレジスタンスのメンバーに封鎖しているゲートを開けてもらったらさらに奥へと進んでいくと、そこには砂漠の真ん中に集合住宅が立ち並ぶ「砂漠の団地」というエリアがありました。

NA_02_06.jpg
▲レジスタンスのリーダーアネモネ。彼女もまたアンドロイドらしいのですが、初対面のはずの2Bをなぜか知っている様子でした。

NA_02_07.jpg
▲かなり広大な砂漠地帯、ここにはオアシスや油田なども存在しています。



マーカーを頼りに敵を倒しつつ団地の奥へと進んで行く2Bたち・・・

そして最深部にたどり着くと、そこには機械生命体たちが人間のように子供をあやしているようなそぶりを見せていました。

「こいつらはただ人間のマネをしてるだけだ、破壊しましょう」という9Sに同意し、機械生命体を倒していきますが、倒しても倒してもどんどん敵が溢れてきます。


そして機械生命体は「コノママジャダメ」と突然言い出すと、鉄骨によじ登り多数の機械生命体が集合し巨大な繭のようなものを作り出しました。

NA_02_08.jpg
NA_02_09.jpg
▲無数に集まり始めた機械生命が集合し、巨大な繭のようなものを作り出しました・・・中には一体何が!?



繭が金色に光ったかと思うと、それは2つに割れ中からボトリと長髪の男性が落ちてきたのです。

2Bは「アンドロイド?」と言うように、見た目は完全に人間(アンドロイド)のような姿。

しかし、9Sは「機械生命体」だと言い放ちます。


そして突然戦闘開始、人型の機械生命体は最初のレベルは1なのですが、ダメージを受けるとどんどんレベルが上がっていきます。


レベルが5になるとこちらの攻撃を避け反撃してくるように。


さらに進化し遠距離攻撃やバリア、範囲攻撃のようなものも仕掛けてきます。


この敵は最終的にはレベル10くらいまで進化するので、2Bたちも近いレベルくらいまで上げておく方がいいのではないでしょうか?


2Bと9Sは人型機械生命体にとどめをさしますが、刀による傷から新たにもう一体の機械生命体が出現。


彼が叫び声をあげると、周囲のがれきが崩落、2Bと9Sは横穴からこの場を脱出するのでした。

NA_02_10.jpg
▲見た目は完全に人(アンドロイド)のような敵。思いっきり裸なのが気になりますが・・・。

NA_02_11.jpg
▲2Bと9Sによりとどめを刺されたかのように見えましたが・・・。

NA_02_12.jpg
▲やっと倒したかと思いましたが、新たに機械生命体が出現。倒された最初の体を持ち上げ、瓦礫の中へと消えて行きました。




いろいろとサブクエも受注したりしているのですが、お使い系のものも多いので印象深いサブクエがあったら紹介したいと思います。




それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: NieR:Automata

tb: 0   cm: 2

「ニーアオートマタ」プレイ日記01☆  

みなさんこんにちは♪



ここのところゴーストリコンに集中していてプレイしていなかったのですが、久しぶりにR6Sをプレイしていました。


特にFPSなんですが、他のゲームをやってると操作(主にエイム)がうまくいかなかったりしませんか?

よくこの感度(スティック)でプレイしていたな〜と思うのはもちろんのこと、ちょっとした操作の違いからミス連発しちゃうんですよね。

昨日もガジェット使おうとしたら間違ってフラッシュバン投げちゃうし、マーキングしようとしたらカメラ見ちゃうし、最初は散々でした・・・。


1戦目には1キルもできずに終了w


でも、2戦目には7キル(そんなキルすることなんて滅多にないw)できたんで、それからは落ち着いてプレイできたので、まずまずの成績を残すことができました。


ただ、出会い頭で敵にあったりする時や、長距離のエイムが合わない・・・そこはリハビリしながら慣れていくしかないかな?って感じですね。

こういうのって他の方もあるんですかね? わたしはFPSだけでなく、アクションゲームでも操作ミスを恐れてしばらくプレイしていないゲームに手を出せなくなっちゃったりするんですが。



さて、前述の通りゴーストリコンは一段落ついたので、2月に購入した「NieR:Automata」のプレイを始めました。



わたしはこれがシリーズ初挑戦、前作に関しての情報などは全く知らないという状態なのでシリーズファンからすると、このプレイ日記でも「何言ってんだ?」ってこともあるとは思いますが、ご容赦くださいませ(苦笑)。

NA_01_01.jpg




本作の舞台は数千年後の地球・・・突如地球圏に飛来したエイリアンによる総攻撃にあった地球は、彼らが使用する「機械生命体」と呼ばれる兵器になすすべなく敗れ、人類は地球を捨て月へと逃げ延びたのでした。

地球をエイリアンから奪還するため、わずかに生き延びた地球人は地球の衛星軌道上にバンカーと呼ばれる衛星基地を敷設。さらにアンドロイドによる精鋭部隊「ヨルハ部隊」を結成しエイリアンへの反攻作戦を開始したのです。


本作はそんなヨルハ部隊が敵の新しい大型兵器の情報をキャッチ、それを破壊に向かうというところからスタート。


なお、今回の日記は以前紹介した体験版の内容とかぶってしまいますがご容赦いただきたいと思います。

NA_01_02.jpg
▲難易度はノーマルでスタート。VERY HARDは一発でも敵の攻撃が当たると死亡すると書いてます・・・。



飛行ユニットで成層圏に達したヨルハ部隊ですが、敵はすでにこちらの作戦を察知していたのか、巨大レーザーによる攻撃でヨルハ部隊は次々と撃墜されてしまいます。

ここは体験版にはなかったステージで、主人公である2B(ツービー)は飛行ユニットを装着してシューティングゲームのような感じで敵を撃破していきます。


しかし2Bの活躍もむなしく、最後に残った味方も撃墜され、2Bは目標である廃工場に不時着・・・。

NA_01_03.jpg
▲最初はシューティングゲームのような感じでスタート。ここは体験版では収録されていませんでした。



ここからは体験版でプレイした内容と一緒です。

ほぼチュートリアルのような感じでゲームは進み、途中巨大な丸ノコギリのような防衛装置との対戦があります。


防衛装置を撃破すると、諜報部隊として単独潜入していた9S(ナインエス)と合流、2Bが地上から9Sが空から廃工場を調査することに・・・。

NA_01_12.jpg
▲突如廃工場の防衛装置に襲われる2B。ノコギリの回転が止まった後が攻撃のチャンス。

NA_01_11.jpg
▲防衛装置破壊後に登場する9S。今後彼と一緒に行動することになります(このステージでは戦闘は2Bだけ)。


廃工場は基本一本道ですが、脇道にアイテムがあったり、ショートカットできる場所があったりなどちょっとした探索は可能です。

このゲームの特徴として、移動や戦闘時に突然視点変更があります。

移動中はまだいいのですが、戦闘中に三人称視点から突然俯瞰になったりするのが本当に慣れない・・・慣れないというか不快ですwww

NA_01_04.jpg
▲基本ゲームは三人称視点で進みますが、エリアによって横スクロールになったり、俯瞰視点になったりします。

NA_01_05.jpg
▲脇道にアイテムが設置している場所もあったりするので、余裕があったら探索してみてもいいかも。2Bは宝箱(?)を開ける時、足で蹴って開けます(はしたない!)。



2Bたちの捜索もむなしく、大型兵器は見つかりませんでした・・・別の場所にあるのか?と思いった矢先・・・背後から突然超大型の機械生命体が現れ、2Bに襲いかかります。


この超大型機械生命体は、先ほど戦った防衛装置の丸ノコギリを両腕に装備しています。


最初は丸ノコギリ2本での攻撃なので、基本防衛装置と戦った時と攻略は一緒。

NA_01_06.jpg
▲廃工場に擬態していた超大型の機械生命体。最初は両手に装備している大型ノコギリで攻撃を仕掛けます。


一新一退の攻防が進みますが、一瞬の隙をつかれた2Bはピンチに陥ってしまいます。

そこに9Sが現れ、身を呈して彼女を守りますが、彼は吹き飛ばされ超大型兵器の上に飛ばされてしまいました。


なぜか機能停止した超大型兵器の飛び移った2Bは、9Sが飛ばされた場所へ急行、しかし左の腕と足を切断され9Sは瀕死の状態・・・2Bはなんとか彼を助けようとしますが、9Sは敵を倒すように2Bを促しました。


9Sの言葉に意を決した2Bは彼の使用していた飛行ユニットに搭乗し、再起動した超大型兵器と再び対峙・・・。


そこへ9Sから通信が入ります。

9Sは敵機体の脆弱性を発見し、これをハッキングすると言います。

これにより2Bは敵の武器である大型の丸ノコギリを、飛行ユニットを介して使用することができるようになりました。

敵の武器による打撃で超大型兵器に大ダメージを与え、2Bは飛行ユニットから飛び出し、敵の頭部に刀を突き刺し破壊することに成功したのです。

NA_01_08.jpg
▲敵の武器を入手し大ダメージを与えます、今後もこういう戦い方をするのでしょうか?


なんとか超大型兵器を倒すことができましたが、9Sはもとより2Bもほぼ動けないような状態・・・そこに海の中から先ほど倒した超大型兵器が新たに出現し、2Bと9Sを取り囲みます。

一体倒すのでギリギリだったのに、この状況はまさに絶体絶命・・・。

2人はブラックボックスの暴走による自爆を決意・・・お互いのブラックボックスが触れ合うと周囲は大規模の爆発に包まれたのでした・・・。

NA_01_09.jpg
NA_01_10.jpg
▲2人とも瀕死の状態でまさかの展開・・・2人に残された選択肢はブラックボックスの暴走による自爆しかありませんでした。



第一回はここで終了です。

ここまではほぼ体験版と同じ内容でしたね、ただ体験版だからと思っていたのですが、製品版もここまで一切セーブすることはできませんのでご注意ください。


ここまで創作したりすると約1時間9らいはかかると思いますが、一切セーブできないのはちょっと不親切だと思いましたけどねwww



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: NieR:Automata

tb: 0   cm: 0

Profile

Counter

Ranking

New Posts

Category

Comments

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。