スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記(ネタバレなし)最終回☆  

みなさんこんにちは♪



さすがに5連休もしたら、昨日は仕事中眠くて眠くて仕方なかったのですw


やっぱり3連休くらいにしておいた方が無難ですね、とはいえまだ代休が5日もたまっているので、月末に後2日くらい使えたらと考えています。


連休中はこれでもかというくらいゴーストリコンをやっていました。


すでにプレイ時間は80時間を突破w


こんなに集中してプレイしているのは就職して以来初めてじゃないかな〜という感じ。


できたら3月中にクリアして、その後プラチナトロフィーを目指してみようかと思っています☆



今日は少し間が空きましたが、「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」プレイ日記の6章の感想を書いていこうと思います。


本作は6章が最終章となるので、この記事が本作最後のプレイ日記となりますが、基本ネタバレはありません。

ただし、どうしてもちょっとしたネタバレをしないと記事になりそうもないので、極力直接的な表現を避けて記事を書いていきますが、ネタバレが少しでも気になる方は回れ右ですよ!



6章の冒頭である人物が学園を破壊するという行動に出ます。


もちろんモノクマ側もそんな暴挙を許すはずもなく、復活したモノクマーズのエグイサルとの戦闘になります。


その間シュウイチたちは学園を捜索、ある人物がこれまで行けなかった場所を破壊し強行突破。

NDRV3_09_01.jpg
▲これまで入れなかった天海蘭太郎の研究室にも入れるようになります・・・そして彼の正体も・・・。



そして1章で入ることのできなかった、あの隠し扉の奥にも入れるようになります・・・そして彼らがそこで見たものは?


詳しくは書きませんが、それとは別に隠し部屋で見つかった「ある物」・・・それがなぜこんなところにあるのか?

シュウイチは大きな違和感を感じるのです。


そしてこれこそがこのコロシアイ学園生活を終わらせる最後の手段だとシュウイチは感じ、そしてモノクマに最後の学級裁判の開廷を要求するのです。



シュウイチが感じた違和感・・・それは最初の事件に関するものでした。


そう、あの隠し部屋で見つけた証拠品、それがなぜあんなところにあったのか?

それを突き詰めると、あの最初の事件の真相は別にあったのではないか?というところに行き着いたのです。


そう、天海蘭太郎が被害者となり、赤松楓が犯人だったあの最初の事件・・・それがもし根底から覆されるのであれば、このコロシアイ学園生活を終わらせられる、そう信じてシュウイチたちは最後の学級裁判に臨んだのですが・・・。

NDRV3_09_02.jpg
▲モノクマはコロシアイに関しては平等で、嘘をつけないはず・・・しかしもしあの事件の犯人が楓ではなく別の人物の犯行だとしたら・・・シュウイチはコロシアイ学園生活というゲーム自体を台無しにしてしまおうと考えたのです。


そしてシュウイチの思惑通り、最初の事件は首謀者により真犯人がねじ曲げられたものだったのです。


最初の日記でも書きましたが、この殺人の仕方には違和感があったんですよね・・・

今回はその違和感が当たってたってことなんですが・・・。

NDRV3_09_03.jpg
▲天海蘭太郎の命を奪ったはずの楓の仕掛けですが・・・まさかの展開が待っていました。



この事件の裁判をやり直すという時点で、多くの方は真犯人が誰であったかは見当がついていると思います・・・

そしてねじ曲げられた事件のやり直し裁判により最初の事件の真犯人が判明、同時にこの事件全体の首謀者の正体も明らかになったのです。

NDRV3_09_04.jpg
▲ジャーン! やっぱり首謀者の正体は江ノ島盾子! だったのでしょうか・・・? それは内緒です。



さて、これ以上話を進めると、本作の根幹部分のネタバレになってしまうので、詳しいことは書くのを控えます。


まあ正直ここまでやった感想ですが、わたしとしては「ここでこういうことにするの!?」ってことでした。


うーんなんていうかな・・・まあこれまでのシリーズが台無しになっちゃってますよねこれ。

NDRV3_09_05.jpg
▲この展開はわたし的に絶望的な展開でしたよwww


まとめとしては面白いと思うけど、これって前作までを完全否定しちゃってますよね・・・

正式なナンバリングタイトルとして発売された第3作(というつもりで皆さん購入していると思います)ということなんですから、わたし的にはこれまでの謎が解明されたり、いくつかの新しい情報が入ってくるんじゃないのか?って思ってました。


それが蓋を開けてみたら、こんな終わり方ですよ・・・シリーズファンをちょっとバカにしてるんじゃないかな〜って思っちゃいました。


ゲームとしては相変わらず面白かったし、事件の推理に関してもちょっと強引なところはあるけど、ゲームって考えたら良いと思いますし・・・。

ただそれでもシリーズとして見たら、騙されたって気持ちの方が強いかな・・・、正直このシリーズはここまででいいんじゃないか?って気もしてきましたね。

NDRV3_09_06.jpg
▲個人的には終わってみてポカーンというか、放り捨てられたというか、もう本当シリーズ終結でいいんじゃない?って思っちゃったw

NDRV3_09_07.jpg
▲最後もなんとか「優」でクリア、6章には裏ルートは存在していないようです。


1章でドカーーーーンと持って行かれて、どうなるんだろう?と思いながら進めて最後にスカされて、悪い意味でやられた感が強い作品でしたね。


本作はこんな感じでしたが、名作と言われたシリーズ第1弾のPSP用ソフト「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」と、第2弾「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」をまとめた「ダンガンロンパ1・2 Reload」のPS4版が5/18に発売されるそうです。

また、PS VITAで発売された「絶対絶望少女」もPS4に移植され、夏に発売するとか。

「絶対絶望少女」のお値段はまだ決まっていませんが、「ダンガンロンパ1・2 Reload」の方は3,800円(税別)とお安いので、まだプレイしていない人はぜひプレイしてみてください!


NDRV3_09_09.jpg
▲なんかクリア後も虚無感ばかり感じスッキリしなかったので、プラチナ目指そうと思いましたがやめちゃったw


最後に6章の隠れモノクマの場所を紹介します(わたしが見つけた順です)。

1.中庭に出てプール側に進み、裏庭へ向かう途中

2.校舎5F階段の手すり

3.白と黒の格子模様のドアから入る螺旋階段の途中

4.校舎1F正面玄関、がれきで通れなくなった右側。

5.発掘イマジネーションのブロックに隠れている




それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期【完結】

tb: 0   cm: 0

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記(ネタバレなし)08☆  

みなさんこんにちは♪



今日はNINTENDO SWITCHの発売日ですね! TLもSWITCH関連の話題でにぎやかな感じでちょっと羨ましいです。

以前にもお話ししましたが、わたしはSplatoon2の発売に合わせて購入しようと思ってるのですが、やっぱりちょっと触ってみたい願望はあります。

でも、実際に触れてみたら、絶対欲しくなりそうだから、試遊台とかあっても遊んだりしないと思いますが・・・。


頓挫していたCoD:IWクリアしました☆

シリーズを何作もプレイしてきたわたしですが、IWは正直今までで一番つまらなかったかな〜・・・。

これだけ続いているシリーズなんでマンネリ化は仕方がないと思うのですが、今回は宇宙での戦いがメインということで、どのミッションも同じような感じで、最後まで同じことの繰り返しって感じで途中で飽きてしまいました・・・。

オンの方もちょっと遊んでみましたが、タイタンのいないタイタンフォールって感じで・・・武器が扱いやすく、FPS初心者でも楽しめそうな感じですが、飽きも早いかな〜と思いました。



本日は「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」5章「愛も青春もない旅立ち」の感想を書いていきたいと思います♪


前回の事件後とある自分物が行方不明になってしまいます・・・。


そんな中前回の事件を解決したご褒美としてモノクマから鍵が2つ手渡されます。


この鍵で開くのは、ずっと開かなかった体育館近くの扉、中庭の巨大な扉、そして校舎4Fの扉です。

ただし、校舎4Fの扉の奥にある超高校級の生徒の研究室には鍵がかかっていて入ることができません。

この研究室は1勝で犠牲者となってしまった天海蘭太郎のものなのですが、モノクマによると研究室発見前に生徒が死んでしまった場合、研究室は使えないそうなのです。

NDRV3_08_01.jpg
▲この扉は最初からあった扉ですが、開くのはこの段階。奥にはある人物の研究室がありますが・・・、そこにあるものを見るとこの学園の実体がなんとなくわかるのではないでしょうか?

NDRV3_08_02.jpg
▲天海蘭太郎の研究室・・・見た目はかなりおどろおどろしい雰囲気がありますが、入ることができず天海の才能が何なのかもわかりません。



そして中庭の巨大な扉の先ですが、こちらはモノクマーズが乗っていたメカ、エグイサルの格納庫でした。

ただし、モノクマーズは前回のオシオキの際に、残っていたモノタロウ、モノミも壊れてしまったので、現在は誰も動かすことができないのだそう・・・。

NDRV3_08_03.jpg
▲中庭の巨大な扉の先はエグイサエルの格納庫でした・・・エグイサルを操縦できるモノクマーズは全部壊れてしまったので、今は動かない状態ですが・・・。



モノクマーズがいなくなった今、エグイサルを動かすことはできない・・・つまり生徒たちの脅威がなくなったという状況から、ある人物がモノクマと戦おうと提案してきます。

生徒たちは意を決してこの提案を受け入れるのですが・・・いよいよモノクマと対決するという日に行方不明となった人物が現れます・・・彼もまたモノクマと対決するために、対モノクマ用の秘密兵器を持ってきたのです。


彼はその兵器を残して再び姿を消しますが、他の生徒たちは残されたその兵器(叩いた電子機器を全て停止してしまうという武器)を使い、再び地下道を攻略しようということになるのです。


地下道のトラップは全て電子機器なので、武器を使うと簡単に攻略することができました・・・そしてついに出口らしき場所の扉を彼らは開けるのですが・・・。

NDRV3_08_04.jpg
▲シュウイチたちがそこで見た景色は一体どんなものだったのか・・・それはプレイしてのお楽しみです。



外に出ようとしたシュウイチたちはそこで見た景色に絶望を感じてしまいます。

そこに現れたのは行方をくらませていたある人物、彼はエグイサルを引き連れ、自分こそがこの事件の首謀者だとシュウイチたちの前に現れたのです。


そして、モノクマへの蜂起を提案した人物を連れ去りエグイサルの格納庫にこもってしまいました。


なんとか捕まってしまった人物を救い出そうとするシュウイチたち、しかしそこで今回もまたコロシアイが起きてしまいます。

NDRV3_08_06.jpg
▲誰も望んでいないはずのコロシアイがまた起きてしまいます、彼らは後何度これを繰り返せば良いのでしょうか?



今回の事件はこれまでの事件の中でも異様なものでした・・・。


というのも犯人、被害者ともに姿が見当たらない・・・エグイサルの格納庫には首謀者である人物と捕まった人物の2人がいたはずですが、そのどちらも見当たらず、死体も確認できない状態なのです。

NDRV3_08_07.jpg
▲今回の事件は容疑者はかなり絞られている状況ですが、発見された死体が誰なのか? それすら分からないという異様な状況です。


今回の事件も前回同様かなりの数の証拠が残されていますが、前回と違って犯人がどうやって被害者を殺したのかがわかりづらいのです・・・そういう異様な状況が本来であればかなり絞られている容疑者すらわからなくさせていると言えるかもしれません。


結局これといった確証がなく学級裁判に突入するのですが・・・。


学級裁判には必ず生き残った生徒は現れなければいけないはずなのですが・・・残りの一人が現れません・・・しかしそこに現れたのはなんとエグイサル!

どうやら犯人がその中に乗り込んでいるようなのですが、なぜそんなことをする必要があるのか?

それこそが今回の犯人の狙いなのです。

NDRV3_08_08.jpg
▲容疑者が現れれば自然と被害者もわかると思っていましたが・・・そこに現れたのは容疑者が乗ったエグイサルでした! こんなのありなの?


今回の事件の肝は容疑者と被害者が誰のか? それは前述した通りなのですが、裁判を進めているとモノクマすらそれを知らなかったという点にあります。


犯人はそれを利用してモノクマとの勝負に出たのです。

それがどのような理由からそうなってしまったのか?はネタバレになってしまうので当ブログで触れません。

NDRV3_08_09.jpg
▲犯人は容疑者、被害者がわからないという状況を作り出すことでモノクマに勝負を挑みました。

NDRV3_08_10.jpg
▲5章の裏ルートは分かりませんでした。2回リトライしてますが、なんとか「優」をとることができました。



根本的な部分は違いますが・・・誰が犯人なのか分からないという状況を作る点が前作のあの事件に似てますね。


とはいえ残り1章という段階に来てようやくおぼろげですが、事件の全体像が見えてきた感じです。


ただ、この事件の首謀者は全く分からない状況・・・果たして残り5人の中にそのような人物がいるのか?

それとも全く関係のない人物が裏から糸を引いているのか? それは未だ分からない状況です。


いよいよ次回は最終回となる第6章の感想を紹介したいと思います☆

NDRV3_08_11.jpg
▲この章からあの人物の影もチラホラ・・・果たして今回も彼女が関係しているのでしょうか?



最後に5章の隠れモノクマの場所を紹介します(わたしが見つけた順です)。

1.校舎5F超高校級の探偵の研究教室向かって左横の床

2.超高校級のコスプレイヤーの研究教室の左側にある撮影セットの上(かなり小さいです)

3.超高校級のロボットの研究教室、中央の丸い台座(?)の左上

4.校舎4Fの5Fへ向かう階段前の像の上(中央)

5.ブレインドライブ中に出現



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ


category: ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期【完結】

tb: 0   cm: 0

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記(ネタバレなし)07☆  

みなさんこんにちは♪



今週から忙しいのもやや下り坂・・・土日もどちらか出社すれば良い感じで、来週からは普通な感じで生活していけそうです。


終電で帰ることも少なくなってきたので、夜はR6Sをやってることが多いのですが、フレ2人が「FOR HONOR」に興味があり、購入を検討しているという話になりました。

わたしも興味はあったのですが、2月は別のゲームの購入を決めていたので、購入は回避しようと思っていたのですが、フレもプレイするなら買ってみようかな・・・と思い、先週末に購入。

まあまだ忙しくてプレイしてないんですけどね・・・プレイ日記はまだ書くかどうかも決めていませんが、感想程度は書いてみたいと思ってます☆



本日はご無沙汰してしまった「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記」4章の感想を書いていきたいと思います♪


4章の冒頭でも以前中庭で見つかった謎の石版に書かれた文字が増えているという事実が発覚・・・ここまで来ると多くの人は何が描かれているか分かったと思います。

NDRV3_07_01.jpg
▲ここまでプレイした人にとってはこの石版に書かれている文字の全体像が見えてきたかもしれません。まあそれが何を意味するのかまではわかりませんが・・・。


そんな中またしてもモノクマたちから新たな謎のアイテムと、そして新たな動機が生徒たちに配られました。


もちろんコロシアイなど望んでいない、ほとんどの生徒たちは動機など見ることはないと拒否しますが、ある人物が動機であるカードキーを奪い、消えてしまうのです。

NDRV3_07_02.jpg
▲今回の動機は「謎のカードキー」、カードキーと言えば第1章に出てきたあの扉が思い浮かびますが・・・果たしてあの扉のカードキーなのでしょうか?


残った生徒たちはカードキーを奪った人物を捜す人と、謎のアイテムを使い新たなエリアを探索する組に分かれることに・・・。


新たに解放されたエリアは校舎の4階と中庭のとある人物の研究室・・・校舎の4階には主人公であるシュウイチの研究室もあったのです。


そして新たに発見された思い出しライト・・・シュウイチたちは早速思い出しライトを使ってみますが・・・思い出したのは地球そのものの危機・・・そしてその危機を乗り越えるための「ゴフェル計画」でした・・・。


とはいえ、この状況下でそれらの記憶を思い出しても、何ができる訳でもなく彼らは解散することになります。



外の世界は絶望的な状況にあるかもしれない!? そんな中、ある人物からこの閉鎖空間から脱出できる方法を発見したと聞かされます。


その方法は・・・以前見つけた巨大コンピューター・・・これを使ったプログラムの世界に行くというものでした。


プログラムの世界は凶器なども全くなく、安全な世界なので「絶対」にコロシアイなど起こることはないという理屈なのですが・・・それってただの現実逃避なのでは・・・と思ったり。

とはいえ、その世界を作り出した本人のたっての希望により、生徒たちはVR世界へと向かうのでした。

NDRV3_07_03.jpg
▲この世界から脱出できるという根本的な解決にはなりませんが、興味もあり生徒たちは全員でプログラムの世界へ向かいます。


プログラムの世界へ行くと、生徒たちはそれぞれに与えられたアバターの姿になり行動することになります。

このプログラム世界にはモノクマが外の世界の秘密をどこかに隠しているらしく、生徒たちはそれを探すことになるのですが・・・その探索中に今回の事件が起きます・・・。


今回の事件が特殊なのはプログラム世界の中で起きた事件だということ・・・プログラム世界では現実世界とは全く違う法則の元に成り立っているという点でした。

NDRV3_07_04.jpg
▲誰もがコロシアイなど望んでいないはずなのに、またしても事件は起きてしまいます。

NDRV3_07_05.jpg
▲今回は現実世界の常識とは全く違うプログラム世界で起こりました。その大きな謎の一つがこの世界の構造にあります。


とはいえ、今回の事件は謎解きとしては証拠が多く、またプログラム世界の法則さえわかれば事件のトリックを解き明かすのはそれほど大変なことではありませんでした。


ただし、問題なのは誰が犯人なのか?ということです。


今回の犯人探しは少しだけ難しいかもしれないです・・・もちろん推理を進めていればその人物を突き止めるのは容易ではあるのですが・・・。


これ以上はネタバレ的なことにもなりかねないので、犯人に関する話はここまで!

NDRV3_07_06.jpg
▲今回の犯人はモノクマがプログラム世界に置いてきた「外の世界の秘密」が動機となりコロシアイをしてしまったのです。

NDRV3_07_08.jpg
▲今回の成績はこんな感じでした。一つ目の裏ルートは発見できましたが、2つ目はどこだかわからなかった・・・あと元々パズルゲームが苦手なので、発掘イマジネーションの成績がボロボロwww

NDRV3_07_09.jpg
▲今回のオシオキを受けてしまったのは誰でしょうか? オシオキ中にモノタロウとモノミも巻き込まれて壊れてしまいますw



それにしても今回は1章に続く後味の悪い事件でしたね・・・あ、あと疑問点というか今回のトリックをあの短時間に考え出し、実行に移すことができたのか?って疑問も・・・それはこれまでの事件でもそうか・・・あんまりそういうことを考えてしまうとゲームとしては面白くなくなっちゃうんですけどね・・・。


それでは最後に4章の隠れモノクマの場所を紹介します(わたしが見つけた順です)。

1.超高校級の合気道家の研究室

2.寄宿舎の階段

3.校舎2階吹き抜けの手すりの上

4.校舎地下、図書室前に雑然と置かれている多数の机と椅子がある場所

5.学級裁判の2つ目の閃きアナグラム中



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期【完結】

tb: 0   cm: 0

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記(ネタバレなし)06☆  

みなさんこんにちは♪



昨日発売された、BIOHAZARD7ですが、SNSでのみなさんの反応を見る限り、かなり評判がいいように思えます。

かなり怖いということで、プレイするのを躊躇しますが、ちょっと興味があるんですよね〜。

VRにも完全対応とかで、VRでプレイしたら相当怖いんでしょうね(´Д` )


最近仕事が忙しく、今週あたりから終電で帰ることが多くなってきました。

来週、再来週あたりがピークになりそうですが、2月いっぱいはずっと忙しくなりそう・・・なのでブログの更新頻度も下がってしまいます・・・。

毎日足を運んでいただいてくださる方もいるようなので、本当申し訳ありませんがご理解のほどよろしくお願いします。


そんな忙しい中でもR6Sはたまにプレイしています、次のシーズンももうすぐ始まりますが、今のわたしのランクはゴールドIV・・・(´Д` )

分不相応なランク帯にいるため、今のシーズンに入ってからキルレが1.0→0.8まで下がってしまいましたwww

そんな感じですが、昨日は珍しく大活躍! こういうのがたまにあるからランクもやめられないんですよね〜。



さて、本日はダンロンV3、3章「転校生オブ・ザ・デッド」をクリアしましたので、その感想を書いていきたいと思います(もちろん犯人や事件の核心部分のネタバレはありません)。


この章ではモノダムを中心にモノクマーズが父親であるモノクマに反乱を起こし、モノクマーズが才囚学園をとり仕切るようになります。

そしてモノクマーズからまたしてもご褒美として、謎のアイテムが渡されます。

NDRV3_06_01.jpg
▲今回も生徒たちにご褒美として謎のアイテムが渡されます・・・。もちろん使えば新たなエリアへ行くことが可能に。



新たに解放されたエリアは校舎の4Fはこれまでの階と違ったおどろおどろしい雰囲気になっていました。

さらにこのエリアのある場所でアイテムを使うと、コンピュータールームがあるのですが、かなり巨大なコンピューターで何に使うのかは現状ではわかりません。

ただ、モノクマーズが言っていた言葉が気になりますが・・・。

NDRV3_06_02.jpg
▲中庭にも新たな超高校級の研究室が出現、校舎4Fでは2つの研究室とコンピュータールームに行けるようになります。

NDRV3_06_03.jpg
▲校舎4Fに隠されているコンピュータールーム、中央に初代XBOXのような巨大なコンピューターとそれを囲むように数台の端末ようなものも見えます・・・この端末の数って生徒の数と一緒とか? 



そして新たな動機も発表されます。


それは死者を蘇らせることのできる「屍者の書」というものでした。

「屍者の書」に書かれている手順通りに儀式を行えば、これまでに亡くなった生徒の中から一人だけ生き返らせることができるという、普通であれば信じられないものです。


もちろん生徒たちも疑心暗鬼になりますが・・・この才囚学園でならばそんな荒唐無稽なことも起こり得るのではないか?と考えるものも少なくはないようでした。

NDRV3_06_04.jpg
▲新たな動機発表前に現れるモノクマ・・・あるイベントに導いてくれるのですが・・・男死なら必ず見ておくべきでしょうwww

NDRV3_06_05.jpg
▲「屍者の書」に書かれた儀式を行えば、死んだ仲間を1人だけ蘇らせることができる・・・シュウイチの心にはもちろんカエデのことが思い浮かびますが・・・果たしてそんなことが可能なのでしょう?



さらにこの章ではある人物が生徒会を結成します。

生徒会はこれまで起きた事件の経験から、学園から出たいと思わなければこんな悲惨な事件は起きないという考え・・・そしてそれに同調する生徒も多く、その考え方は完全に2つに分かれてしまうのです。

しかも生徒会は勝手に行動の制限、さらには才囚学園からの唯一の脱出経路かもしれない、地下道を勝手に塞いでしまったのです。


さらに、新たに見つけた思い出しライトも勝手に壊すという暴挙まで・・・これには他の生徒たちからの非難の声も高まります。

NDRV3_06_06.jpg
▲カジノで今まで遊べなかったゲームもこの章から遊ぶことができます。ただ、学級裁判で行うゲームと大差ないのが残念です・・・。



そんなかつてない最悪の雰囲気の中事件は起きてしまいます・・・。


今回の事件は密室殺人・・・。


そしてその事件を調査中にさらに・・・。


あまり書くとネタバレしか寝ないので、詳しい内容は控えますが、今回はこれまで以上に訳のわからない状況のまま学級裁判に突入してしまいます。


結果を見ると、今回は意外と簡単に犯人を見分けることはできました。

というか、意外におバカな発言をしてる人が鋭かったりw

NDRV3_06_07.jpg
▲今回の事件のポイントは蘇りの儀式と、それとは別に死者と会話ができるという「降霊術」でした。



やっとというか、なんというか、ついに私利私欲のための事件が発生・・・しかも犯人はただのサイコパスだったという・・・。

このゲームっていろんなところに伏線張ってあるから、次はこの人が犠牲者だとか、犯人じゃないか?って思うんだけど、ほとんど当たらないケースが多い中、今回はわたしが最初から怪しいと思っていた人物が犯人でした・・・。


ただ、そのトリックは思ってたのとは全然違ったけどwww


あと、この章から「理論武装」がかなり難しくなりました・・・わたし的にはですが・・・ついに初のリトライをすることにwww

NDRV3_06_08.jpg
▲トリックがよくわからなくて失言することが多かったです・・・そして初のリトライも理論武装で2回やりました。裏ルートは全くわからなかったな〜これから探してみようと思います。



この章が終わってからもある不安要素が発覚します・・・果たしてこのあとはどうなるのか?

そういえば石に書かれた文字っていうのも未だに謎のままですね・・・。


最後に3章の隠れモノクマの場所を紹介します(わたしが見つけた順です)。

1.裁きの祠扉前

2.校舎2階、超高校級のピアニストの教室、グランドピアノの前

3.裏庭

4.カジノエリアにあるラブアパートの照明の裏

5.発掘イマジネーションのブロックに隠れている



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期【完結】

tb: 0   cm: 0

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期プレイ日記(ネタバレなし)05☆  

みなさんこんにちは♪



先週の土曜はNintendo Switchの予約開始日だったみたいですね。

わたしはローンチでは購入しないと決めていたので、予約開始日は全く気にしてなかったのですが、SNSを見るとすぐに予約終了してしまったところが多いようですね。


正直ローンチタイトルがかなり弱い感じがするので、ゼルダファン以外は様子見が多いと思うのですが、どうなんでしょう?

しかもそのゼルダもWii Uとマルチプラットフォームですもんね・・・


マリオやマリカー、スプラ2などと同時発売だったら爆発的に売れたような気がしますが、それまで待たなかったのはやっぱり決算とかの問題なんですかね? わたしそっち方面は全く疎いのでよくわかりませんが・・・。


そんな中海外のAmazonでFF VIIリメイクの発売が今年の12/29と出たらしい・・・正直わたしは年内無理だと思ってたので、仮に遅れたとしても来年の春くらいには出来るんですかね〜、こちらも楽しみにしたいと思います。




さて、本日はダンロンV3、2章「限りなく地獄に近い天国」をクリアしましたので、その感想を書いていきたいと思います(もちろん犯人や事件の核心部分のネタバレはありません)。



冒頭で数人の大人がカエデの死を悼むシーンがあるのですが、これが別世界の話のようで・・・これだけ見ると2のような展開になりそうな気もする・・・。


さらには獄原が裏庭で変な石を見つけたりとまだまだ謎は深まるばかり。


そしてカエデの死から何かを感じたシュウイチは自分の自信のなさを隠すためにかぶっていた帽子を取り、周囲を驚かせます。

NDRV3_05_01.jpg
▲帽子を取りみんなの前に姿を見せたシュウイチ。少し主人公っぽくなった?



そんな中みんなが集まる食堂にモノクマたちが現れ、最初の裁判を乗り越えたご褒美として「ようわからへんアイテム」4点せっとを私ていきます。


ここまで才囚学園をしっかり探索している人たちにはすぐわかると思いますが、幾つかあった謎のオブジェでこれらの「ようわからへんアイテム」を使うと新たな施設に行けるようになります。


新たに行けるようになった場所は、何人かの研究室、中庭のプール、そしてカジノでした。

NDRV3_05_02.jpg
▲賢明なプレイヤーなら使う場所は分かると思う、ようわからへんアイテム。使うと新たなエリアが開放されるようになります。

NDRV3_05_03.jpg
▲新たに行けるようになるカジノ。現時点ではSAKE NO TSUKAMIDORIとスロットしか使用できません。



カジノでメダルを集めると、プレゼントやスキル、手帳のキセカエと交換することが可能です。

また10,000枚メダルを集めることで交換できる「愛の鍵」を獲得すると、カジノの隣ある「ある施設」を使用できるようになります。


なお、メダルを集めるにはスロットが良いと思います。

スロットは3種類ありますが、その中でもボーナスゲームのでやすい青のスロットがオススメです。

NDRV3_05_04.jpg
▲ボーナスゲームでは「WILD」の数が増えるのでラインを揃えやすくなります。だいたい1〜1.5時間もプレイしていればメダル10,000枚くらいにはなると思います。

NDRV3_05_05.jpg
▲メダル10,000枚と交換できる「愛の鍵」これを所有していると夜にモノクマが現れ・・・。



カジノで遊んで現実を忘れられればいいのですが、そんな気持ちとは裏腹に突如コロシアイ学園生活という現実に戻されます。


突然現れたモノクマーズから渡されたモノクマーズパッド・・・そこには生徒たちがコロシアイを行わせるように仕向ける、新たな動機となる映像が入っていました(しかもテレコで!)。


そしてついに新たな事件が起きてしまいます・・・。

NDRV3_05_06.jpg
▲生徒全員に配られたモノクマーズパッド。そこにはそれぞれの動機となるであろう映像が収録されていました。



今回の事件は多くの生徒たちの前で、被害者が無残にも殺されてしまうというものでした。


この大胆な事件を解く鍵は新たに開放されたエリア、殺害場所、そして殺害時間にあります。


生徒たちの目の前で殺害されるという大胆さとは裏腹に、綿密に計画された今回の事件は第1章よりもさらに解明が難しくなっていました。

NDRV3_05_07.jpg
▲カエデの死でみんなの気持ちはひとつになったように思えましたが・・・またしてもコロシアイが起きてしまいます。



学級裁判はかなりもめて、犯人の候補は二転三転してしまい、その度に議論は振り出しに戻されてしまいます。


そんな感じですから学級会議終盤までは全く犯人は分からず・・・正直犯人を確定する直前までわたしは犯人が誰だかわかりませんでしたwww

学級裁判では新たに「ブレインドライブ」「発掘イマジネーション」が追加され、学級裁判のゲーム性が高くなっています。

NDRV3_05_08.jpg
▲ブレインドライブは道路に点在しているキューブを集め問題を出現させ、その後に答えを選択していくというミニゲーム。

NDRV3_05_09.jpg
▲発掘イマジネーションはパズル要素の強いミニゲーム。隠された証拠のイメージをピースを消していくことで発掘していきます。



今回の事件の真相はやはりモノクマーズパッドに収録されていた動機ビデオが引き金となっていました。

ただ、今回の事件もやはりなんというか、やるせない感じです・・・本当に本作の事件はここまでそこに私利私欲が感じられない切ない話ばかりです・・・。


しかもね、なんというか・・・これちょっとネタバレになっちゃうかもしれないんだけど、「普通」な感じの人から死んじゃうんですよね。


本当今後の議論はこの人たちだけで大丈夫なの?っていうくらい現時点ではよく言えば個性的、悪く言ったら「癖が強すぎるんじゃ〜」的なキャラが残ってます、果たしてこれからどうなってしまうのか? 先行き不安で仕方ありませんw


そして事件解決後にもう一つちょっとした事件が・・・ある人物の「真の超高校級の能力」が判明します・・・果たしてこの真実が次回以降どう絡んでくるのか?


まだ3章の序盤しかプレイしていませんので、わたしにもわかりませんけどね!www

NDRV3_05_10.jpg
▲第2章のわたしの成績。今回はV論破があまりできなかったので成績は低め。そして裏ルート2つもあったんですね〜、一つは見つけられましたがもう一つはどこにあるんだろう? 


最後に2章の隠れモノクマの場所を紹介します(わたしが見つけた順です)。

1.新たに行ける3F、超高校級の保育士の研究室手前、ドット絵の扉がある近くにあるベンチの下

2.超高校級の発明家の研究室のソファの下

3.倉庫の棚

4.中庭に出て右側に進んだ先に崩れている石の前(食堂のテラスの先)

5.ブレインドライブ終盤、道路の右側に出現



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期【完結】

tb: 0   cm: 0

Profile

Counter

Ranking

New Posts

Category

Comments

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。