FC2ブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「LIFE IS STRANGE」プレイ日記最終回☆  

みなさんこんにちは♪



今日は「LIFE IS STRANゲ」のプレイ日記最終回です。

最終回ということで、記事自体が長めとなると思いますので、前置きはなしで記事を書きたいと思います☆



プレスコット家の納屋を後にしたマックスは、ウォーレンが避難しているトゥー・ホエールズ・ダイナーへと車を走らせます。

車の中でマックスは留守電に録音されたネイサンからのメッセージを聞くことに(真犯人に殺されてしまう前にマックスに真実と警告を吹き込んでくれていたようです)・・・結局彼も利用されているに過ぎなかったのです。

LIS_11_01.jpg
▲ネイサンも彼の心の隙間を埋めてくれた真犯人に利用されていただけだったのです。


ダイナー周辺は既に竜巻による被害で、たくさんの犠牲者が出ていました。

マックスはできる限りの人たちを助けながら、ダイナーへと向かいます。


車から漏れたガソリンがダイナーに引火する危機を防いだマックスは裏口からダイナーへと入ります。

ダイナーの中にはウォーレンの他、クロエの母親、フランクが逃げ込んでいました。

マックスはウォーレンにこれまで起きたことを全て話します。

そして、あの時撮った写真を受け取ったマックスは最後にウォーレンにキスをして、タイムリープするのでした。

LIS_11_02.jpg
▲ウォーレンはこれが最後になるといけないからと、マックスに自分の気持ちを打ち明けようとしますが、マックスはただ「知ってるよ」と一言残し、過去へ向かいます。うーん、青春だ〜(ってそんな雰囲気でもないんだけど)。


再びあの場所へと戻ったマックスは、ネイサンを探しにパーティ会場へと乗り込もうとするクロエを捕まえ、未来で起こった出来事を伝えました。

そして・・・クロエを死なせないために戻ってきたことを告げるマックス・・・クロエは真犯人が誰かであるかを告げられるとすぐに彼の元へと向かおうとしますが、マックスはクロエを引き止めこれまで起きたこと全てを伝えます。

そう、未来を変えようとしたマックスが事故で半身不随となってしまったクロエと会ったことや、結果として町が竜巻に飲み込まれてしまったことなど・・・がんばって未来を変えようとしても何か必ず悪い結果が起こることをクロエに打ち明けたのでした。

マックスはこのままこの時間軸にいれば自分はこの記憶を失くしてしまうから、クロエに今度会った時に「それまでに何が起こったのか教えて欲しい」と告げます。

LIS_11_03.jpg
▲マックスはクロエに合言葉を伝え、この時間軸での出来事がうまくいくことを願います。



そして時は経ち、マックスが時空を超えた先は巨大な竜巻が今にもアルカディア・ベイの海岸に迫る場所でした。


マックスはやっぱり自分のせいなのかもしれないと塞ぎ込みますが、クロエは彼女を慰め竜巻の進路から外れている灯台へと逃げ込もうとする二人ですが、マックスは突然意識を失ってしまいます。

LIS_11_04.jpg
▲クロエの死亡は回避することができましたが、結局竜巻は目の前に迫っていました。


マックスが気がつくと、そこはまたもや最初の授業の時間でした・・・ただ、今回はおかしなことが起きました、突然教室の窓に大量の鳥がぶつかってきたと思ったら、周りの生徒が全て消えてしまいました。

マックスは恐る恐る教室の扉を開け、外へ出て行きます。

LIS_11_05.jpg
▲この授業の風景も何度目となるのでしょうか? ただ、今回は不可思議な現象が相次ぎます。


扉を開けたその先は廊下ではなく、夜の女子寮でした。

そこでマックスはケイトに会います、しかしそこにいたのはマックスが知るケイトとは違いました・・・彼女はマックスへの恨みの言葉を告げると、光の中へと飛び込んで行きました。

ここからは女子寮の正しい扉を選択してないと先に進めません、自分の姿と部屋が鍵となるので、慎重に進んでいきましょう。

LIS_11_06.jpg
▲このシーンでマックスが着ている服はレイチェルのものです・・・なので正解の扉は・・・。


全て正しい扉に入ると今度は学校の廊下に出るのですが、そこでも不思議な現象が・・・全てが逆回転に時間が進んでいるのです。


マックスは集中するようにイヤホンをして先に進むと、仔鹿がマックスを正しいルートに導くかのように現れました。

仔鹿が入っていった扉にマックスが入っていくと、そこは真っ暗な画廊のような場所で、真犯人がマックスを探していました。


ここからはなぜかステルスゲームのようなことをする必要があります。


ライトに当たってしまうと見つかったことになるので、もしライトが当たってしまったら、時間を巻き戻して再開させる必要があります。


この後マックスはまたクロエの父親が死んでしまった朝でのシーンを見たり、プレスコット家の地下で悪夢を見るのです。


そして悪夢の中でクロエに写真を撮られたマックスが気づくと、そこは大量の数字が書かれたトイレのような場所でした。


ドアがあることにはあるのですが、4桁の暗証番号でロックされており、これを解除するには壁に書かれた数字の中から正解を見つけるしかありません。

LIS_11_07.jpg
▲暗証番号は壁に書かれた無数の数字の中に答えがあります。ヒントはこの写真を見てもらえばわかると思います。


扉を開けた先はトゥー・ホエールズ・ダイナーでした。

そこにはこれまで関わってきた人たちがいるのですが、マックスはそこでもう一人の自分と会うことになります。

マックスはもう一人の自分に厳しい言葉を放ちますが、そこにクロエが現れます。

そして、これまでクロエと過ごした時間を回想するかのように見たマックスがたどり着いた先は、アルカディアベイの灯台でした。


意識を取り戻したマックスは、アルカディアベイに迫り来る巨大な竜巻を見て絶望に陥ります。

マックスは自分が時間を巻き戻して運命を変えているうちに、この巨大な竜巻を招いたんだと・・・自分のせいで町の人が死んでしまうと・・・。

クロエは好きで力を手に入れたわけじゃないし、それを使って自分を助けてくれたんだと・・・マックスは自分のヒーローだとマックスを勇気付けます。

そしてクロエはマックスにクロエがネイサンに殺されてしまった前に撮った、蝶の写真をマックスに渡します。


クロエはマックスにこの写真を使えば、元々の原因となったあの時に戻ることができる・・・そうすれば全ての運命を元通りにできるのではないか?と伝えます。

マックスはそんなことはできないと突っぱねますが、クロエはこのままでは町の人が死んでしまう・・・この町には自分より生きる価値がある人たちがたくさんいると・・・マックスはこれまでに何度も自分を救ってくれた、マックスはきっと自分の避けられない運命を遅らせていただけなんだ、そろそろ二人とも運命を受け入れるべきなんだとマックスに訴えます。


マックスは「わたしにはできないよ!」と言いますが、クロエは「逆だよ! マックスにしかできないんだ」と強く言います。


そしてここで最後の選択・・・

LIS_11_09.jpg
▲ここで究極の選択を迫られます・・・わたしはクロエを犠牲にすることはできませんでした・・・。


クロエから渡された写真を破り捨てるマックス・・・

アルカディア・ベイは巨大な竜巻に飲み込まれてしまいます・・・それを二人は手をつなぎ町の最後を見届けるしかありませんでした・・・。

翌朝、動物たちはいつもの生活を取り戻していたようですが、アルカディア・ベイは瓦礫の山。

マックスとクロエは二人で町を後にするのでした・・・。

LIS_11_10.jpg
▲巨大な竜巻に飲み込まれるアルカディア・ベイを手をつないで見つめる2人。

LIS_11_11.jpg
▲竜巻により崩壊したアルカディア・ベイ。住人たちはどうなってしまったかは語られていません。



わたしはアルカディア・ベイを犠牲にしてしまいました。ウォーレンやクロエの母親、フランクなどがどうなったのかは語られていません・・・。


わたしがアルカディア・ベイを犠牲にするという選択をした理由は幾つかありますが、一番の理由はクロエの父親に「二度とクロエのそばを離れない」と告げたからです。


他の方のブログを見るとゲーム中クロエは何度も死んでしまっている、彼女は元々そういう運命だったのだからという理由で、クロエを犠牲にしたという意見もありました(それもすごく納得ができました)。


ゲーム終了後に他プレイヤーがどちらを選択したかを見ることができますが、やや「クロエを犠牲にした」という選択をした人が多かったようです(ただし数%差です)。

みなさんかなり迷われたんでしょうね・・・私もこの選択肢が出て3分くらい悩んでしまいました・・・(単純に両方の結末を見た人が多いだけかもw)。


ちなみにクロエを犠牲にしたエンディングも見ましたが、こちらのエンディングの方が胸が締め付けられてしまいます。


開発者としては「クロエを犠牲にする」というエンディングが本当のエンディングだったのかもしれませんね・・・。


全体的な感想はまたクリア後レビューにも書きたいと思っていますが、個人的にはストーリーも良くすごく胸がギュっとなる切なさを感じました・・・素晴らしい映画を見た時のような気持ちになれたので、ぜひ興味を持たれましたらプレイしてみてください☆


ということで、「LIFE IS STRANGE」の日記はこれで終了です。

今年は5月でやっとプレイ日記を一つ終了することができました。今後は今続けている「Quantum Break」「DIVINITY」の他、休止している「FO4」の日記を再開したいと思います。



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: LIFE IS STRANGE【完結】

tb: 0   cm: 2

「LIFE IS STRANGE」プレイ日記10☆  

みなさんこんにちは♪


いつ発売されるんだ!?と常に話題となっていたシオカラーズ(アオリとホタル)のamiiboがついに7/7に発売されることが決定しました!

もう「Splatoon」はプレイしていませんが、これはフィギュアとしても欲しい!

シオカラーズのamiiboは5/28から予約開始とのこと。

わたしも絶対に購入したいと思います!

ChRjQqEUoAAwd9P.jpg
▲公式アナウンスから抜粋。「追及されたゲソの質感、光り輝くラメ素材、衣装のディティールも再現」とのことです。



本日は「LIFE IS STRANGE」最終章となるエピソード5の前半を紹介します☆


当ブログでは事件の真犯人に関しては一切ネタバレしませんのでよろしくお願いします。


真犯人である○○○○○○に薬で眠らされたマックスが意識を回復するとそこは、以前調査したプレスコット家が所有する納屋の地下室でした。

イスにダクトテープで固定されたマックス、すぐ脇にビクトリアも手足をしばられて倒れていました。

助けを呼ぶマックスですが、もちろん誰からの返事もありません。

LIS_10_01.jpg
▲眠らされたマックスが拉致された場所は以前マックスとクロエが調査した地下室でした。


助けがないと悟ったマックスは動く足を使って近くにあるキャスター付きの台を引き寄せます。


そこには昨晩撮られたであろう、意識のないマックスを撮った写真がありました。

クロエの一件があったこともあり、タイムリープは二度としないと誓っていたマックスですが、背に腹は代えられずその写真に意識を集中します。

タイムリープに成功しますが、意識は混濁している状態。そしてマックスは真犯人よって写真を撮影されている真最中でした。

少し意識が回復してきたのか身体が動くようになったマックスが暴れると、真犯人はさらに薬を注射しようとしますが、暴れたマックスによって台の上に薬がこぼれてしまいます。

怒る真犯人は薬を注射し、マックスは意識を失ってしまいます。

再び意識を回復すると、そこは先ほどと同じでマックスはイスに固定されていました。

マックスはビクトリアに話しかけ、彼女がここに連れてこられた経緯を聞き出します。

そこで本来であれば撮った写真がファイルに入れられているはずなのですが、台の上にはマックスが暴れたことでシミがついてしまった写真が一枚だけ外に出されていてそれを使い、再びマックスはタイムリープするのです。

二度目のタイムリープで移動した先でマックスはイスに固定されている状態で真犯人に写真を撮られます。

マックスはなぜこんなことをするのか真犯人に訪ねます。

すると真犯人は「僕は無垢なものが壊れる瞬間を捉えるのが好きなんだ」と答えます。


マックスは周りを見回し、自分の日記が離れた場所にあるのを確認します。

日記には自撮り写真がたくさんあり、それを利用すればさらに過去に戻れるはずと・・・。


マックスは真犯人を呼び止め、自分の日記のことを話します。

すると真犯人は彼女の足下に日記を投げ捨て、あの日授業中に撮った自撮り写真が出てきました(ここでなぜ日記を投げたかに関しては詳しく説明しません)。


マックスはその写真に集中し、あの日に戻ることを決意、そしてまた全てが始ったあの日にもどることができました。

LIS_10_02.jpg
▲マックスは授業中に自撮りした写真を利用してさらに過去に戻ること・・・。


あの日に戻ったマックスはまず真犯人がすぐに捕まるようにするため、デイビッドに連絡しようと決意します。

もちろんマックスはデイビッドの連絡先を知らないので、彼女の鞄に入っていた学校のパンフレットに記載されている連絡先に真犯人のこと、地下室のことをメールしたのです。

そしてマックスの意識が薄れ、この時間軸で起きた出来事を走馬灯のように見るマックス、気づいたら校長と二人でコンテストの作品が展示されているギャラリーへ向かう飛行機の中でした。

LIS_10_04.jpg
▲デイビッドの連絡先を見つけたマックスはすぐに真犯人の情報を伝えます。

LIS_10_03.jpg
▲この時間軸でマックスは日常ヒーローコンテストに参加し、見事優勝していました。もちろん真犯人は警察に捕まっていて、誰も死なずまさに望むべき結末だったのかもしれません・・・。


サンフランシスコのギャラリーに着いたマックス。

そこには自分が提出した作品が大きく展示されていて、たくさんの方から賞賛を受けていました。

クロエも死なず、自分の作品も世間から評価され最高の結末を迎えたかのように思えましたが、大々的に展示されていた自分の作品を見ていたマックスは突然の頭痛に襲われ、そしてアルカディアベイに迫り来る巨大な竜巻のビジョンを見たのです。

マックスは不安に駆られクロエに電話をします。

クロエは電話に出ますが、電話の向こうの状況は今まさに竜巻が迫り来る状況だったのです。

LIS_10_05.jpg
▲日常ヒーローコンテストに出展したマックスの作品は高く評価され、注目を浴びることに。

LIS_10_06.jpg
▲全てがうまくいっているように思えましたが、あの竜巻だけは回避することができなかったようです。


クロエを死なせる訳にはいかないと、マックスは展示してある自分の作品を使い再び撮影した時間にもどることにします。

自分がコンテストに出展しなければこの未来はないんだと、マックスは撮影した写真を破り捨ててしまいます。

すると戻って来た未来はまたしても納屋の地下室、目の前にはやはりまだ真犯人がいたのです。しかも既にビクトリアは殺されていました・・・。

しかもマックスの日記は真犯人によって燃やされており、これが原因でこの未来に戻ってきてしまったようなのです。

LIS_10_07.jpg
▲日記を燃やされ自分が写っている写真もなくなってしまったマックス。もうこの状況では過去に戻ることはできそうもありません。


そして外では竜巻の脅威も・・・

ついに真犯人はマックスも殺そうと薬に手を伸ばします・・・しかしそこに突然物音が・・・不審に思った真犯人は影で待ち受けるとそこへある人物が現れます。

しかし、真犯人による不意打ちで救出しに来た人物は倒されてしまいます・・・

マックスは時間を巻き戻し、真犯人の注意を引くことに成功します。

今度こそ真犯人を倒せたか?と思いましたが、真犯人は別の場所に隠してあった銃を使い助けにきた人物を殺してしまいます。

マックスは再び時を巻き戻し、隠した銃を取りに行こうとする真犯人の邪魔をすることに成功。

その間に助けに来た人物は真犯人を倒すことに成功しました。


もちろん助けに来た人物もマックスのよく知る人物で、これまでの顛末、そしてクロエ、ビクトリア、ネイサンまでもが殺されてしまったことを彼に告げるのです。

それを聞いて激怒したその人物は真犯人に向けて発砲、彼を殺してしまったのです(これは選択肢により回避することもできます)。

LIS_10_08.jpg
▲助けてくれた人物はマックスも良く知る人物・・・そしてマックスは彼にクロエが死んでしまったことを告げました。


殺人事件の方は解決したもののアルカディアベイに迫り来る脅威が排除された訳ではありません。

マックスは地下室から出てウォーレンに電話をかけ、「昨日撮った写真(パーティに入る前に撮った写真)を持っているか?」とウォーレンに聞きます。

ウォーレンは持っているけど、今嵐から逃げてトゥーホエルーズダイナーに足止めされていると言います。

マックスはすぐに向かうとウォーレンに告げ、真犯人が使っていた車でダイナーへと向かうのでした・・・。

LIS_10_09.jpg
▲マックスはパーティ会場に入る前にウォーレンが撮った写真を使って未来を変えようと考えているようです。


今回はここまで! 次回はいよいよ最終回です、普段アドベンチャーゲームの結末は語らないようにしていますが、今回は2つあるエンディングでわたしが最初に選んだ結末を紹介したいと思います。



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: LIFE IS STRANGE【完結】

tb: 0   cm: 0

「LIFE IS STRANGE」プレイ日記09☆  

みなさんこんにちは♪



当ブログも左側にブログランキングのバナーを設置してありますが、正直これがどういうものかが分かっていませんw

ブログランキングへ飛ぶと、自分の週間INやOUTがわかるようになっているのですが、これが多いとランキングが上がるという仕組みなのでしょうか?

ランキング上位の方のブログを見てみると人気ブログも多いのですが、いくつかのブログは訪問者数は一桁代なのに、ランキングだけ上位だったりするんですが、どういう仕掛けになっているのかな・・・?

他の方がやっているのでランキングのバナーを設置してみましたが、なんか意味がないような気がしてきてこのままつけているのもどうなのだろう?と考えている今日この頃です。



今日は「LIFE IS STRANGE」のエピソード4後編を紹介します。このエピソードの一番最後にアルカディアベイに陰ながら起こっている事件の真犯人が登場します。当ブログでは犯人のネタバレはしません。たまに他のブログを見ると、書き出しでいきなり「結局犯人は○○でした」って言っちゃうブログってどうなの!?って思いますw


ネイサンの携帯を入手したマックスたちは次にフランクの元へ向かいます。


マックスたちがフランクのところに来たのはフランクの顧客名簿に記載されている名前の本名を知るためでした。

LIS_09_01.jpg
▲これまでプレイヤーが選んできた選択肢によって、ここでの展開がだいぶ変わってきます。

LIS_09_02.jpg
▲場合によってはクロエがフランクを撃ち殺してしまう展開や、フランクの犬に襲われてしまう展開もあります。


話を進めていくと、フランクが本当にレイチェルのことを心配しているのがわかります・・・。

フランクもあんな感じだけど、闘犬を何匹も助けて育てたり、優しい面もあるんですよね。

フランクは自分でもレイチェルの件は散々調査したそうなのですが、居所はわからずじまいだったそうです・・・他にあてがないのであれば、マックスたちに賭けてみようと彼女たちに顧客名簿の本名が書いてあるメモを渡してくれました。

LIS_09_03.jpg
▲レイチェルのことを本当に愛していたフランク。慎重に交渉を進めれば、彼からメモを入手することができます。ちなみに殺してしまったパターンでも入手は可能ですが・・・。




クロエの部屋に戻った二人はこれまで集めた証拠をボードに貼り付けます。


ネイサンの携帯のロックを解除し、これで全ての情報を得た彼女たちは、ネイサンの車のナンバーや、デイビッドから入手した位置情報で、プレスコット家が管理している納屋が怪しいと睨みます。

LIS_09_05.jpg
▲ボードに証拠品などを貼り付け、情報をまとめるマックス。こんなシーン「CHAOS;CHILD」にもありましたね。



早速車で納屋へと向かう二人、この納屋は今では使用されておらず、一見古い農機具や干草しかないように見えましたが、新しいタイヤの跡が見つかり最近ここに誰かが来たことがわかりました。

マックスが納屋の床を調べると、干草で隠された床に隠し扉を見つけます。

しかしこの扉には南京錠が付けれられていて開かないので、マックスは古い農作業用のエンジンとフックを使ってこれをこじ開けることに成功します。

LIS_09_06.jpg
▲いかにも怪しい階段が地下へと続いていました。間違いなく何か「嫌なもの」が隠されていそうです。



階段を降りて行くと、そこは上の納屋とはまったく違うコンクリート造りの地下室になっていました。


電子キーでロックされている扉を開け中に入った二人、周りの設備を見るとここは非常用のシェルターだったようです。

そこにはネイサンの診断書やブラックウェルからの手紙、父親のメモ。最新のプリンターやカメラ、スタジオのようなものまで・・・。

マックスは設置されていたロッカーを見つけると、そこにはブラックウェルの女子生徒の名前が書かれたたくさんのファイルが・・・。

そしてレイチェルのファイルを開くとそこにはレイチェルの写真があり、しかも一枚は彼女たちがよく知る廃品置場に掘られた穴に横たわるレイチェルの姿でした。

LIS_09_12.jpg
▲レイチェルのファイルにあった1枚の写真。そこに写った姿にもはや生気は感じられませんでした。



レイチェルの写真に動揺したクロエはすぐに廃品置場に向かって真実を確かめようというクロエ。

二人はプレスコット家の納屋を後にして廃品置場に向かいました。

そして。写真が撮られていたであろう場所を掘り出した二人・・・そこで見たのは変わり果てたレイチェルの姿でした・・・。

LIS_09_07.jpg
▲最悪の結果に崩れ落ちるクロエ、彼女に寄り添うマックス、果たして真犯にはネイサンだったのでしょうか?



そして夜・・・ボルテッククラブ主催のパーティ会場に着いた二人。

夜空にはこれからアルカディアベイに迫り来る危機の前兆なのか、今度は月が二つ現れるという現象が・・・しかし、クロエは怒りに心を奪われてしまい、空の異変にもお構いなくパーティ会場に向かいます。

そこに登場した酔っ払ったウォーレン、クロエは彼にネイサンの場所を聞きますが、見ていないと言われます。

LIS_09_08.jpg
▲クロエの気持ちも知らずにマックスと地鶏を始めるウォーレン。空気読めないな〜と思いましたが、これが後ほどキーになるとは・・・。



呆れたクロエは一人でパーティ会場へ向かいます。

急いでマックスも追いかけますが、クロエを見失ってしまいました。

パーティ会場に入るマックス、周りの生徒にネイサンの居場所を聞きますが、皆見ていないという答えばかり。

もしいるとすればVIPラウンジでは?という情報を聞きマックスは向かいます。

しかし、ラウンジの入り口でマックスは止められてしまいます、どうやらビクトリアがマックスはラウンジに入れるなと命じていたようです。


マックスは能力を使い、別の入り口からVIPラウンジに向かいます。

そこでビクトリアに会い、彼女にネイサンには気をつけてと警告します。

ここでも今までのビクトリアに対する接し方で彼女の対応が変わってきますが、わたしはここで彼女と仲直りというか改めて友達になることができました。

LIS_09_09.jpg
▲ビクトリアにネイサンに気をつけるよう忠告するマックス。展開次第では彼女と仲直りできます、結局ビクトリアもマックスのこと認めてるんですよね。


マックスはやっとクロエと合流しました。

そして二人がパーティ会場から出て行こうとした時、ジェファソン先生が現れ、日常ヒーローコンテストの優勝者を発表、優勝者はビクトリアでした。

男子寮に向かおうとすると、クロエあてにネイサンから「証拠はすべて消す」とチャットで連絡がきます。

二人はレイチェルの遺体も処分されると思い、再び廃品置場へと向かいます。

昼間と違い、暗闇の廃品置場で二人はまだレイチェルの遺体があるのを確認します。

しかし、突然マックスの首にチクリと痛みが走ると、彼女の意識は遠のいていきます・・・そして・・・薄れゆく意識の中でマックスはクロエが何者かに額を銃で撃ち抜かれるのを見ました・・・倒れたマックスが撃った人物の顔を見るとそこにいたのは○○○○○○(文字数は適当)だったのです。

LIS_09_10.jpg
▲暗闇の中何か薬品を首に打たれてしまったマックス・・・一体誰が何のために・・・。

LIS_09_11.jpg
▲薄れゆく意識中最愛の友人が血の海に倒れていくのを見たマックス、クロエは撃たれマックスが薬で眠らされた理由は何だったのでしょうか?



次回はいよいよクライマックス。犯人はもちろんこれまで登場した人物ですが、最初に述べたように犯人に関してネタバレは無しで行こうと思ってます。




それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ


category: LIFE IS STRANGE【完結】

tb: 0   cm: 0

「LIFE IS STRANGE」プレイ日記08☆  

みなさんこんにちは♪



もうすぐGWですね♪ 無事航空券も取れたので、わたしはGWの後半タイに行ってくることにしました。


友人がタイにいるので、その友人宅でお世話になるので航空券だけで済んだのでかなり安く済みそうです。

当然のごとく日本はGWでお休みですが、タイはそんなことないので友人はわざわざお休みをとってくれるそうです・・・ゴメンなさい(。´・_・`。)


まあ何にせよ楽しみなのは楽しみなのですが、向こうに着くまではまたも一人旅、しかも英語圏以外なんて久しぶりだから少し心配です。



今日はかなり久しぶりとなってしまった、「LIFE IS STRANGE」のエピソード4前半を紹介します☆


クロエが半身不随になり車椅子生活となってしまった新たな舞台で再会したマックスとクロエ・・・二人は近くの海岸まで散歩に向かいます。


そこには砂浜に打ち上げられた大量の鯨の死骸が横たわっていました。

LIS_08_01.jpg
▲変わり果てたクロエの現在・・・果たしてこれがマックスとクロエが望んでいた未来の形なのでしょうか?


マックスは思い切ってクロエがなぜこんな姿になってしまったのか聞くことにしました。


彼女が運転中誰からが割り込んできたそうで、クロエの車が溝に突っ込んだんだそうです・・・その事故で背骨が折れてしまい、現在のようになってしまったのだとか・・・。


クロエに同情するマックスに対して彼女はマックスに会えただけで幸せだと言います・・・。


この世界でのクロエはレイチェルとは親しくなく、言葉遣いも以前の世界のクロエとは全く違いました。


クロエの家に戻った二人。


以前の世界ではデイビッドの作業部屋だった場所が、今のクロエの部屋でした。

LIS_08_02.jpg
▲クロエのためにガレージを改築して彼女の部屋にしたクロエの両親・・・でもその生活は想像を絶するものでした。


海岸では前向きだったクロエですが、家に戻ってきたら現在の自分の状況や家の家計のこと(クロエにかかる医療費)をマックスに話しかなり悲観的になってしまいます。


二人で昔のように夜通し映画を見ますが、マックスは途中で寝てしまいました。


クロエの症状は最近悪化しているらしく、突然彼女を頭痛が襲います。


そしてクロエはマックスに対し、2階にあるモルヒネを持ってきてくれないかと訴えかけます。

LIS_08_03.jpg
▲モルヒネが2階にあるということは、クロエの両親は彼女にあまり使って欲しくないと思ってるはず・・・取りに行っていいのかな?



居間に出たマックスはそこで大量の請求書を前にしたクロエの父親が・・・クロエの医療費がかなりかかっているらしく家計は火の車だそうです。

そして2階でモルヒネを取ってきたマックスはクロエの母親とも話をすることに・・・そこで彼女から現在のクロエの状態について聞かされるのですが、彼女の状態はかなり深刻だと知らされます。

LIS_08_04.jpg
▲前の世界ではいつも明るかったクロエの母親も今の彼女の症状をかなり心配しています。


モルヒネを打ったクロエは少し回復したのか、棚の上にある子供の頃一緒に取った写真を見たいと言い出します。

二人で一緒にアルバムを見ていると、あの時(クロエの父親が事故ってしまった朝)の写真が見つかりました・・・マックスはこの写真を使えば・・・と思いますが、クロエは突然マックスに対して衝撃的な告白をします。


彼女はマックスに自分を殺して欲しいと、点滴のメモリを変えるだけで簡単だからとマックスに懇願してきます・・・。

LIS_08_05.jpg
▲このまま生きていても近いうちに死んでしまう、それならマックスと会えた幸せな気持ちのまま死んでいきたいと訴えるクロエ。


ここでマックスは選択を迫られますが、わたしはもちろん断りました・・・。


マックスはもっ別の形でクロエを助ける!と彼女に言いますが、彼女は聞いてはくれませんでした・・・。


マックスはアルバムにあったあの朝の写真にフォーカスし、再びあの時、あの場所へと戻ります。


再びあの時間を経験することになったマックス、そして彼女はあの写真を暖炉の火にくべてしまいました・・・マックスは過去は変えない、今の状態でなんとかしようしたのだと思います。

LIS_08_06.jpg
▲クロエに泣いて謝るマックス、それでも自分はいつでもクロエと一緒だと彼女に強く誓うのでした。



そして元の世界に戻ってきたマックス。


そこはクロエの部屋で、そしてパンク少女の彼女が元気な姿で目の前にいるのを見て、思わず抱きついてしまうマックスでした。

LIS_08_07.jpg
▲元の世界に戻ってきたマックス、彼女の目の前にいたのは自分がよく知るクロエの姿でした。


この世界でなんとかしようと決意したマックス、そこで彼女はやるべきことを3つあげます。

1.フランクの手帳の解読

2.ネイサンの携帯を手に入れ、ボルテックスクラブのパーティーの日にどこにいたかを調べ、チャットのログも調べる

3.デイビッドの持っている情報を入手


そこでクロエはネットで人物関係を調査し、マックスはデイビッドの作業部屋の調査へと向かいます。


1階に降りるとちょうどデイビッドが家から出て行くところでした、昨日の一件でホテル住まいになってしまうようです。


デイビッドが去ってからマックスは彼の作業場を好きなだけ調査、鍵がかかっていたロッカーからデイビッドの秘密のファイルを入手しました。

LIS_08_10.jpg
▲厳重に保管されていたファイルには、ブラックウェルの生徒の写真やメモ、GPSを使った位置情報などが見つかりました。



クロエと合流し今度はネイサンの携帯を入手しようとしますが、その前にケイトのお見舞いに行くことに・・・。


あの事件以来初めて会うのでマックスも緊張の面持ちでケイトと面会します。


あんな事件があったからか、ケイトのところには彼女を励ますための手紙やハガキも届いていました(なんとビクトリアからも)。


体調だけでなく精神的にも回復したようで本当に良かった!


ケイトの病室を後にしてブラックウェルに向かいます。


男子寮に入る前にジェファソン先生に会い、マックスは「日常ヒーローコンテスト」への作品提出を諦めたことを伝えます。


ジェファソンは色々あったから仕方ないと言いつつも、今日のコンテストの発表式があるパーティーには来るようにとマックスに告げます。


ネイサンの居場所を調べるマックスは庭にいたブルックからネイサンが血相を変えて飛び出して行ったという情報を得ます。


そこでマックスとクロエは男子寮に入ります。


マックスはもちろんネイサンの部屋番号を知らないのですが、ちょうどここでケイトからメールが来て、部屋番号を知ることができました。


ネイサンの部屋を調べると、ソファの裏に隠された彼の携帯を入手することができました。

LIS_08_08.jpg
▲それにしてもなんで携帯をこんなとこに隠してるんでしょう? よほどヤバい情報が隠されてるのかな?


ネイサンの部屋を出て見張りをしていたクロエと合流、さあ寮から出ようとしたところでネイサンが現れます。

「俺の寮で何してる!」とすごむネイサンですが、ここで颯爽とウォーレンが登場、マックスに掴みかかろうとしたネイサンに頭突きを一発、銃を取り出そうとしたネイサンに蹴りを入れます。

ここでマックスはウォーレンを止めることもできますが、前回ウォーレンはネイサンにボコボコにされているので、仕返しさせてあげましたwww

LIS_08_09.jpg
▲ウォーレンかっこいい!!!と思いましたが、Tシャツが!www


ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで。次回はエピソード4の後半を紹介したいと思います♪



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ




category: LIFE IS STRANGE【完結】

tb: 0   cm: 2

「LIFE IS STRANGE」プレイ日記07☆  

みなさんこんにちは♪



金曜日にお休みをいただき、週末に関西旅行に行ってきました☆


今年新しくできた吹田スタジアムでガンバ大阪VS横浜Fマリノスの試合を見て、京都でお花見してきました♪


吹田スタジアムは完成前からどうしても行きたかったんですよね〜、実際に行ってみたら本当に最高のスタジアムでしたよ!

プレミアスタイルのスタジアムは、日本のスタジアムだとは思えませんでした! オールド・トラッフォードみたいです!(行ったことないけどw)


ピッチからの距離もさることながら、サポーターのチャントが響く、響く!!! あれそういう風に設計されているんでしょうね、外にいるとそれほどチャントの音は聞こえてこないのですが、中はすごかったです!


わたしは特に贔屓のチームがいる訳ではないのですが、俊さんのフリーキックも見られたし超楽しかった! 近所に住んでたら絶対に年間シート買っちゃうよ!


でも、プレミアスタイルのスタジアムだったけど、売ってる食べ物はたこ焼きやお好み焼きという大阪スタイルでしたwww

IMG_4532.jpg
▲プレミアかブンデスリーガのスタジアムみたい! こんなスタジアムで試合が見られるなんて大阪府民が羨ましい!




今日はLIFE IS STRANGEエピソード3後半を紹介します☆


デイビッドのPCからレイチェルとフランクの関係をつかんだマックスたちは、フランクの車で証拠を探し出そうと計画します。


フランクのいるトゥー・ホエールズ・ダイナーに向かった二人はそこで、フランクが住居としているキャンピングカーへ侵入しようとしますが、鍵がかかっていて入ることができません。


マックスはデイビッドから直接鍵を手に入れるため、ダイナーへと向かいます。


ダイナーで食事中のフランクに話しかけますが、前回の件(弾の入っていない銃で撃ったこと)もあって、彼はマックスに隙を見せるようなことはありません。

LIS_07_01.jpg
▲マックスの着ている服がレイチェルのものだと指摘したフランク、やっぱり彼と彼女が関係を持っていたことは間違いなさそうです。



ダイナーにはフランクの他にもフランクの他にネイサンもいるのですが、以前得た情報から彼とフランクの間にも何か関係があるのがわかっているので、とりあえず彼に話を聞いてみることに・・・。


レイチェルの服を着ていたからか、急に話しかけられたネイサンはマックスをレイチェルと間違えてしまいます・・・


やっぱりネイサンもレイチェルの失踪に何か関わっていそうです・・・マックスは自分も薬が欲しいという嘘をついて、ネイサンからフランクと取引する合言葉を入手します。


マックスは合言葉を伝えますが、それでもフランクはマックスに隙を見せることはありません。


仕方なくマックスはあの手この手を使ってフランクに取り入ろうとしますが、最後は結局力技w


フランクが取り出した鍵を奪い取ったら、時を巻き戻してフランクには気付かれずに鍵を入手しましょう。

LIS_07_02.jpg
▲フランクと土地引きをしているネイサンから合言葉を入手。この情報が鍵を手に入れるため直結するわけではないのですが、フラグの一つになってるようです。

LIS_07_03.jpg
▲フランクから鍵を奪い取ってから時を巻き戻せば、彼に気付かれずに鍵を入手することができます。


鍵を入手したら、駐車場に入るクロエと合流しますが、もう一つ問題が・・・。


フランクのキャンピングカーには獰猛な飼い犬がいるのです・・・こちらの方はクロエが探し出しておいてくれた骨を使って注意をそらせば良いのですが、選択肢によっては犬を怪我させてしまうので注意してください。


フランクのキャンピングカーに入るとクロエはフランクのPCを調査、マックスは他の場所の調査を始めます。


するとキャンピングカーの通気口にフランクとレイチェルが付き合っていた当時の手紙や、写真などが見つかりました。

LIS_07_04.jpg
▲レイチェルとフランクは薬のためや、脅されていた訳ではなく本気で愛し合っていたようです。


この事実を知ったクロエは自暴自棄になってしまいます・・・親友も自分が嫌いな男と付き合っていたことを黙っていたこと、そして最愛の父親を失ってしまったこと・・・。

自分の人生が今こんななのは、自分を見捨てて死んでしまった父親のせいだと言い出します・・・。


クロエの父親は数年前に交通事故で亡くなってしまったのです・・・女子寮に戻ったマックスはクロエの母親からもらった写真を眺めていました(クロエの父親が亡くなった当日の写真)・・・すると写真が突然ぼやけ始めます。


マックスは写真にピントを合わせると・・・マックスは5年前のあの日、そうクロエの父親が交通事故で亡くなってしまう朝に戻っていたのです(しかも現在の記憶はそのままで!)。

LIS_07_05.jpg
▲クロエは自分が今こんなに不幸なのはあの時パパが自分をおいて死んでしまったからだと言います。

LIS_07_06.jpg
▲クロエの父親が亡くなった当日の写真を眺めていると突然写真がボヤけ不思議な現象が!? これがマックスの第3の能力のようです。



たわいのない家族の会話をしていたマックスたちですが、そこにクロエの母親から迎えに来て欲しいと電話が入ります。


クロエの父親はこの電話を受けてクロエの母親を迎えに行く途中に交通事故に遭い死んでしまいます。


マックスは未来を変えようとクロエの父親の車の鍵を隠します。


これによりクロエの父親は本来の未来とは違い、バスでクロエの母親を迎えに行くことになります。

LIS_07_07.jpg



これでクロエの父親が亡くなるという未来はきっと変わってるはず・・・一人で大喜びするマックスを怪訝そうに見つめるクロエですが・・・ここでマックスは元いた現代へと戻ります・・・気がつくとそこは見慣れたブラックウェル高校の庭でしたが・・・隣で親しくしているのはあのビクトリアでした。

マックスは違和感を感じつつクロエの元に向かおうとバスに乗ると、そこで運転手をしていたのはクロエの今の父親デイビッドでした・・・一体どう変化してしまったの?と不安を抱きながら、クロエの家を訪ねると迎えてくれたのは、クロエの実の父親でした・・・。


マックスが5年ぶりに訪ねてくれたことを喜んでくれたクロエの父親ですが、そこに現れたクロエは半身不随となり車椅子生活となったクロエの姿だったのです。

LIS_07_08.jpg
▲親しげにマックスをファーストネームで呼ぶビクトリア、マックスを取り巻く環境は以前のものとは大きく変化していました。

LIS_07_09.jpg
▲クロエの父親を助けることはできましたが、過去を変えてしまったことでまさかクロエがこのような姿になってしまうとは・・・。



まさかまさかの衝撃展開・・・なぜクロエはこんな姿になってしまったのか? そしてこれからマックス、クロエの運命はどうなってしまうのか? 次回は物語もいよいよ大詰めのエピソード4前半を紹介したいと思います!




それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: LIFE IS STRANGE【完結】

tb: 0   cm: 0

Profile

Counter

Ranking

New Posts

Category

Comments

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。