スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「Evolve」プレイ日記02☆  

みなさんこんにちは♪



今日は「Evolve」のハンター側の基本的なプレイ方法を説明したいと思います☆


本作ではPVPが基本となっていますが、もちろんソロでのプレイも可能です。


PVPではある程度の希望は通りますが、ハンター側の4種類のクラスどれになるかは他プレイヤー次第となるので、ソロで全てのクラスを事前にプレイしておくと良いでしょう。

EV_02_01.jpg
EV_02_02.jpg
EV_02_03.jpg
▲ソロではハンターかモンスターか選択可能で、ハンター側だったら好きなクラスを選ぶこともできます。また、プレイ中に別のクラスに変更することも可能です。



ソロでのゲームモードは狩猟、巣窟、救出、防衛の4つがありますが、今日は一番基本的な狩猟モードでのプレイの進め方を紹介します。


狩猟でのモンスターは第一形態からスタートになるので、ハンター側はなるべく早くモンスターを見つければ優位にゲームを進めることができます。


なのでハンターはモンスターの足跡を見つけ追跡することから始めましょう。

EV_02_04.jpg
▲写真では見づらいですが、青く発光しているのがモンスターの足跡。ちなみにモンスターが川等を渡った場合足跡は見えないので注意してください。



また足跡だけでなく、鳥の動きや(鳥がいるところをモンスターが通ると羽ばたいて居場所を知ることが可能)トラッパーの操るペットモンスターを頼りに追跡することができます。


惑星には目標のモンスターの他、様々な生物が棲息しています。


中には攻撃的な生物もいますが、よほどのことが無い限り倒すのはやめておきましょう。倒した生物がモンスターに吸収される可能性があるからです。

EV_02_05.jpg
▲野生生物の中にはエリートと呼ばれる生物がいて、これを倒すと能力値をアップさせることができます。

EV_02_06.jpg
▲野生生物の中には岩に擬態したものや、食人植物などもいるので追跡中も周囲に気をつける必要があります。


モンスターを発見したら、逃がさないようにトラッパーがモバイル・アリーナを使用してある一定のエリア内にモンスターを留めるようにします。


モバイル・アリーナはバリアのような見た目をしていて、外からは侵入できますが、中から外に出ることはできないというものです。

EV_02_07.jpg
▲写真の前方に見える青いエネルギー帯がモバイル・アリーナ。一定時間一定のエリアにモンスターを閉じ込めておくことが可能です。


モバイル・アリーナにモンスターを閉じ込めたら、それぞれのクラスは役割をこなしていき、ダメージを与えましょう。


モンスターの体力等は画面上部に表示され、赤いバーが体力、青い方が外皮(シールドのようなもの)です。


外皮をはがせば直接体力を削ることができますが、モンスターは野生生物を吸収することで外皮を復活させることができるので、外皮をはがしたらなるべく逃がさないようにしましょう。

EV_02_08.jpg
▲狩猟モードではモンスターの体力を0にすればハンター側の勝利、ハンターを全滅させればモンスター側の勝利となります。



それにしてもこのゲーム難しい!


10時間ほどプレイしましたが、マルチではハンター側はほとんど勝てませんw


一番の原因はまだ慣れていないというのがあるのですが、ハンター側は一人でも死んじゃうと途端にバランスが崩れてしまうからです・・・。


しかもこれまでほとんどプレイしてないトラッパーとかになっちゃうと、もう本当迷惑しかかけてない・・・モンスターがいないエリアでモバイル・アリーナを展開してしまい、消し方が分からず他のプレイヤーに怒られたりもしたり・・・(ーдー;)


もう少しソロで勉強してから、マルチはプレイしたいと思いますw



それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: Evolve

tb: 0   cm: 4

「Evolve」プレイ日記01☆  

みなさんこんにちは♪



以前より楽しみにしていた「Evolve」がついに発売されました!

EV_01_01.jpg



本作の特徴と言えば、ハンターとモンスターに別れて戦うPVP!


簡単に言っちゃうとモンハンのモンスター側をプレイヤーが操作し、それを4人のプレイヤーで倒す!みたいな感じです。


しかもモンハンのようにただ4人が集まってモンスターを袋だたきすれば良い訳ではなく、ハンター側には4つの特徴のあるクラスがあり、それぞれの役割を活かして協力しながらモンスターを倒す必要があるのです。


まずハンター側の4つのクラスを紹介しましょう(初期段階で使えるキャラクターでの説明になります)。

EV_01_04.jpg

ASSAULT
主に攻撃を担当、火力の高い武器でモンスターを攻撃し、一定時間攻撃を無効化するパーソナルシールドを使うことができます。また地雷を設置することも可能です。



EV_01_05.jpg

MEDIC
チームの回復役。傷ついた個々のプレイヤーを回復できる他、ヒーリングバーストを使うと自分を含めた周囲のプレイヤーを同時に回復することが可能です。また初期キャラクターのヴァルが装備しているライフルをモンスターに当てると、モンスターに弱点を作ることができ、弱点を攻撃すると通常よりダメージを多く与えることができます。



EV_01_06.jpg

SUPPORT
文字通り他のプレイヤーをサポートする役回りで、攻撃面でのサポートだけでなく、仲間を無敵化させたり一定のエリアにいる仲間を透明化させたりなど、守備的なサポートをこなす必要があります。



EV_01_07.jpg

TRAPPER
トラッパーはペットモンスターを使ったチームの索敵係の他、モバイルアリーナという装備を使ってモンスターを一定エリアに閉じ込めたり、罠を使ってモンスターの移動を妨害することも可能です。



つづいてモンスターの説明です。

モンスターは現状GOLIATH(ゴライアス)、KRAKEN(クラーケン)、WRITH(レイス)の3種が用意されています。


それぞれ特徴は違いますが、モンスターは全て第一形態から第三形態まで変体することが可能で、第三形態まで進化すればかなりの強さになることができます。

EV_01_02.jpg
▲モンスターは惑星にいる野生生物を捕食することで進化することが可能です。

EV_01_03.jpg
▲進化するとアビリティを強化することが可能、自分のプレイスタイルに合わせて強化することが可能です。



次回はハンター側でプレイしてみた感想などをご紹介したいと思います☆


それでは今日はこのへんで〜(´∀`)ノシ

category: Evolve

tb: 0   cm: 8

「Evolve」日本語版も発売決定☆  

みなさんこんにちは♪



名作「Left 4 Dead」シリーズを手がけたTurtle Rockが開発している「Evolve」を紹介します。


evolve.jpg


まだカバーレッジトレイラーが出ている程度ですが、「Evolve」の最大の特徴は最大4人のプレイヤーが操作する「ハンター」と1人のプレイヤーが操作する「モンスター」の対戦ができるところのようです。


ハンター側でプレイする際はFPS視点、モンスター側を操作する際はTPS視点で操作するようです。
確かに4人に囲まれて四方から攻撃された時にFPS視点だとわかりにくいですもんね☆


今のところマルチプレイが基本となるようですが、ソロだとどういう感じになるか楽しみですね。
ソロでもモンスター側になれたりするのかな?


あとはどういう感じでハンター側とモンスター側にプレイヤーが振り分けられるのかも気になるところです。


海外では今年の秋にPC、PS4、XBOX ONEで発売されるようですが、日本での発売も決定したので
発売日の発表が待ち遠しいですね。


まだ次世代機を買う予定はないのですが、わたしはPS4かXBOX ONEでのプレイになりそうです。


「Left 4 Dead」シリーズもはまったので、とても楽しみにしてます





category: Evolve

tb: 0   cm: 0

Profile

Counter

Ranking

New Posts

Category

Comments

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。